「紙の本」を手放して、本棚スッキリ!

先日、DVDを手放して、本棚に少しスペースができたことをご紹介しました。

「DVD」を手放しました

2016.11.07

DVDを手放してから、「紙の本」も手放していいかも!と思い立ちました。

「紙の本」と「電子書籍(Kindle版)」はどっちがいい?

最近、本はほとんど「Kindle版」で読んでいます。

Kindle Paper Whiteを買ってすぐの頃は、電子書籍よりも、紙の本の方が読みやすいと思っていました。
しかし、時が経てば経つほど、電子書籍(Kindle版)の方が読みやすいと思うようになりました。

電子書籍(Kindle版)の良いところは

  • 保管にスペースが必要ない
  • 持ち歩くのがラク(軽い)
  • (本屋や通販を利用しなくても)すぐに手に入る
  • メモ(ハイライト)がしやすい(長文もメモできる)

という点です。

逆に電子書籍(Kindle版)がイマイチと感じる時は、

  • 電子書籍化されていないタイトルもある
  • パラパラと読み返すことができない

というところ。

比較をしたら、私は、圧倒的に電子書籍(Kindle版)のメリットが上回ると感じています。

特に、Kindle Paper Whiteの純正カバーを外してから、より持ち歩きやすくなったと感じており、出掛ける時はいつも持ち歩いています(*´∀`*)

Kindle Paper White「カバー」やめました

2016.10.26

「紙の本」を手放しました

このように、最近読む本の殆どは、Kindleで読んでいます。
たまに、紙の本も読もうかと持っていくこともあるのですが、結局、Kindleで別の本を読んでいることから

「紙の本」を手放してしまおう!と決意しました。

現在手元にある紙の本。すべて出してみたらこれだけの量になりました。

持っている本を全出し

持っている本を全出し

本棚に収まっているとあまり感じませんが、全出ししてみると、けっこうな量を持っていたことがわかります(^_^;)

猫が乱入してきました(笑)

猫が乱入してきました(笑)

この本すべてを、1冊1冊「ときめきチェック」です。
「どうしても紙で残したい本だけ残そう」とチェックしたところ…

ときめきチェックした結果。紙で残す本(左) 手放す本(右)

ときめきチェックした結果。紙で残す本(左) 手放す本(右)

残したい本、少なっΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

自分でも、ちょっとビックリです(^_^;)

本棚ビフォーアフター

紙の本をほとんど手放した結果、本棚がスッキリしましたヽ(=´▽`=)ノ

本棚ビフォー

本棚ビフォー

本棚アフター

本棚アフター

一段分、まるっとスペースができたので、このスペースを有効活用して、家の中をもっとスッキリさせていきたいです(*^-^*)

最後に

今回、本を手放す時に、1冊1冊、ときめきチェックをしました。
何度も読み返し、成長するためにとても役立った本もたくさんありました。
しかし最近は、ほとんど読み返すことはなく、それらの本がなくても大丈夫だと思えるようになりました(*^-^*)

今回手放した本で、どうしてもまた読みたくなったら、その時はあればKindle版を、なければ紙の本をまた買えばいいと思います。
お金がかかるからもったいないと思われるかもしれませんが、それよりも、本棚に大きなスペースができたことのほうが、私にはとても嬉しいです♪

これからも、時には紙の本を買う時もあると思いますが、なるべく少ないモノでスッキリ暮らしていきたいと思います(*´∀`*)

ネットオフの宅配買取サービス

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。