ブレない「自分」を持つ

私は以前、必要以上に「他人からどう思われるか」ということを気にしていました。
色々な本を読み、その中でも特に「嫌われる勇気」を読んでから、気にしすぎている自分に気づくことができました。
そのおかげで、少しずつですが、他人の目の気にしすぎなくなり、生きるのがラクになったと感じています(*^-^*)
そうは言っても、30年以上気にしながら生きてきたので、まだまだ気にしてしまう部分もありますが(^-^;)

私は自分の「好き」なモノなどを、「否定」されることが、とても苦手です。
別に相手に好きになってもらいたいわけでも、受け入れてもらえなくてもいいのです。
興味がなければ、「ふーん」とスルーしてもらえればいいのです。
否定さえしなければ。

昨日「否定」を感じてしまったことで、久しぶりにちょっと凹みました。
相手にとっては些細なことだと思いますが、私はじわじわ凹みました。
夜、帰ってきた夫に話したことでスッキリし、無事に気持ちも復活しました。

夫と話していて気づいたことは、夫は、この程度のことなら「全く気にならない」と思っていること。
色々なことを気にしていた私からすると、目からウロコが落ちるような驚きです!

そして、さらに思い返してみると、夫はこれまで私が突然「○○やりたい」と言っても、一切否定しませんでした。
片付け祭りをした時も、私の過去のオタクっぷりを話しても、MEC食を始める時にも。
「好きにしていいよ」と見守ってくれました。
むしろ私の方が、「片付けて!」と押し付けていたような…(^-^;)

私も夫の様に、多少のことは気にならないようになりたいです。
そのために、「自分」をしっかり持つことを、大事にしていきたいと思います!

今回、多少へこみはしましたが、自分を振り返る良いきっかけになりました^^
ブレない「自分」をしっかり持って、多少のことでも揺るがずに、心穏やかに過ごせるようがんばります!

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

7 件のコメント

  • こんにちは!
    記事にすごく同感です。
    私も凄く似てるので…
    どうして、必要以上に敏感なのでしょうね?否定という行為がにがてです。自分に関係なくても、誰かが誰かのこと、マナーとか失礼な態度以外について、別に迷惑かけてないのにと思うことを、否定している様を見るのも苦痛です。うまく言えませんが…
    でも、旦那様と話されて落ち着いたのですね⁽⁽ ◟(∗ ˊωˋ ∗)◞ ⁾⁾よかったです。小さなことでも、溜め込まず考えすぎず、ブレない自分でありたいですね!
    私はれいさんの文章すごく好きですよ。今日の記事を見て、れいさんは他人を批判したり否定したりしないからなんだと思います。充分れいさんらしく生きられていると思いました。
    まとまりのないコメントになってしまいごめんなさい。これからも応援してます!

    • やまたろうさん、おはようございます!
      私もやまたろうさんの気持ち、すごくよくわかります!
      自分に関係ないことでも、見るのがホントに苦手で(>_<) ドラマという「作り物」だとわかっていても、見られませんでした。 夫に話して無事に落ち着きました! あと、先程ブログ書いたのですが、それで気づいたのは、自分が「依存」していたので、自立できてなく、「自分」というものが確立できていないからなのかもしれないと思いました。 実はこの話は母との話なのですが、母から自立したつもりでいても、まだ依存が残っていて、過敏に反応してしまったのかなと。 また、もしこれが他の人からであっても、自分をきちんと持っていれば、否定されても大丈夫になってくるのかもしれないと思っています^^ 好きと言ってもらえて、とても嬉しいです(*^-^*) 私らしいと言ってもらえただけで、私自身も、きちんと「自分」を持てているんだと思えて、自信になります!ありがとうございます! たまに迷走してしまう時もあるかもしれませんが、これからもどうぞよろしくお願いします☆

  • れいさん、おはようございます。
    記事を読んで、思わず自分の過去のコメントが心配になりました。自覚がないうちに傷つけてしまっていたらごめんなさい。
    私も周りからどう評価されているんだろうって気になります。自分の考え方に癖があることと、それをきっかけにして気持ちをリセットできる方法を知り、楽になった経験があります。
    ご主人とお話をされてお気持ちが楽になったのでしたら良かったです。
    人の考えにまず否定から入る人もいるし、長所短所色々な面を吟味しようとする人は、厳しいことを指摘するかも知れませんね。その人自身や人間性まで否定しているわけではないので、自分とは違う見方や考え方をするんだなと捉えたら良いのかも知れません。
    心のパーソナルスペースに入って来られて心地よくないと感じたら、少し距離感を保っておくのも大事ですね。

    • hanaoさん、おはようございます!
      心配させてしまってごめんなさいm(_ _)m
      hanaoさんのコメントにはいつも元気をもらってますので、気にせずこれからもコメントしてもらえると嬉しいです!

      実はこのやりとりは、母とのやりとりでした。
      先程ブログに書いたのですが、私は母にとても依存していたので、抜け出せたと思っていてもまだ抜け切れてなかったみたいです。
      でも、それに気付けて良かったと思っています^^

      色々な考え方の人がいて、どう人と関わるかも人それぞれということは頭ではわかっているのですが、それをサラリと受け流すことが、まだまだできていないです。
      考え方が違うことを意識して、自分をしっかり持って、サラリと受け流せるようにがんばります^^

      • れいさん、こんにちは。
        いつも丁寧にお返事を頂き、ありがとうございます。
        お母様との関係を見つめ直す中で、気づきがあったことは、今後のれいさんにとって前向きな一歩になると思います。お母様との関係性も、より良い方向に持っていけると良いですね。
        私は大分前に母を亡くしたので、喧嘩や仲違いがあっても、生きてくれているだけで羨ましいと思ってしまいます。
        人生に回り道はあっても、無駄なことは何もないと、何かで見聞きした記憶があります。
        私が母を越えることはできないけど、してくれたことや遺してくれた言葉や思い出はいつも心の隅で大切にして、子供にも向き合って共に成長していこうと思っています。
        お母様もきっと愛情を込めてれいさんを育てて来られたと思いますので、そのことに感謝する気持ちを

  • ごめんなさい、続きです。
    お母様もきっと愛情を込めてれいさんを育てて来られたと思いますし、れいさんもそのことに感謝する気持ちを持っていらっしゃると思いますので、お母様との親子関係がより良くなりますように祈っています。

    • hanaoさん、おはようございます!
      お返事遅くなってごめんなさいm(_ _)m

      先程ブログにも書きましたが、母と話し合って、無事に解消することができました。
      原因は些細なことだったのですが、それがわかったことで、とてもスッキリし、驚くほど心が穏やかになっています。
      モヤモヤしたり、母に色々言ってしまったことは申し訳ないと思うのですが、今は良い経験だったと思っています。

      hanaoさんは、お母様亡くなられているんですね。
      母とのことでモヤモヤしたことは、本当に贅沢な悩みだと思います。
      これからも母に感謝して、しっかり親孝行していこうと思います!

      hanaoさんも、いつもコメントくださり、心の底から感謝しています!
      まだまだ未熟なところが多い私ですが、これからもよろしくお願いします☆

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。