早寝を決意して1週間。現在の状況と課題

早寝を決意し、夜は何もしないを徹底すると決めて、1週間経ちました。

早寝ができないワケ〜優先順位を明確にする〜

2016.08.09

優先順位を決めると、やれることが増える

自分の優先順位を決めることで、かなり「早寝」ができるようになったと感じています。

読書よりもブログ!〜優先順位を明確にして早起きを身につける〜

2016.08.10

私が決めた優先順位は、

  • 早寝>ブログ
  • ブログ>読書

です。

優先順位を決めたことで、行動に迷いがなくなり、ブログを早い時間に書けるようになりました。
そのおかげで、ブログを書いた後に読書をしたり、ブログの記事の移行作業もできています(*^-^*)

以前は、ブログよりも読書を優先し、罪悪感を感じながら読書をしていました。
しかし、ブログを優先と決めることで、ブログを書く時には集中でき、ブログを書き終わって読書をする時は、リラックスして集中して読めるようになりました!

夜は何もしないと決めたことで、早く寝られるようにもなってきました(*^-^*)

油断と課題

最初は調子良くできていましたが、1週間経った今、少しずつ、気持ちが緩んでしまっています(-_-;)

時間簿。太線が早寝を徹底すると決めた日。

時間簿。太線が早寝を徹底すると決めた日。

8月8日〜11日の4日間は、しっかり徹底することができ、早寝だけでなく、早起きもできていました。
しかし、5日目の12日は、夜に時間があり、つい「ブログの移行作業」をやってしまいました(-_-;)

7・8日目は、「夜何もしない」が守れず、夜にブログを書いて、就寝も遅くなってしまっています。

気持ちが緩み、「夜何もしない」を徹底できなくなってしまったことが、課題だと感じました。

「例外」を決める

「夜何もしない」が徹底できなくなってしまったのは、ブログを優先したくなったからです。

8月に入ってから、このブログと猫ブログを毎日更新できています。
続けられていることは、やっぱり続けたくなってしまうもの。
私の中で、ブログへの気持ちが大きいのは、自分でもわかっています。

そのため、例外を決めるで対策することにしました!

古川武士さんの「人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術」では、理想のスケジュールを決めるだけでなく、例外パターンを決めることで、理想のスケジュールどおりに過ごせない日の過ごし方を予め想定していました。

早起き習慣づけ実践準備③例外パターンをつくる

2016.01.25

今、理想のスケジュールは決めていませんが、夕食までにブログを書き終わることを目標にしています。
ダラダラしたり、用事があったりで、どうしても書き終わらない日はブログを優先してもOKと、自分で「例外」としてみることにしました。

しかし、本で言われているように、「例外パターンを3日以上続けない」というのは、しっかり徹底していこうと思っています!

また、たとえ夜に時間がたくさんあっても、記事の移行作業はやらないよう、徹底していこうと思います。
ブログを夜に書くのは、「どうしても」の時だけ。
夜にブログを書くことが当たり前にならないよう、気をつけるべきだと思っています。

そして、なるべく夜にブログを書くハメにならないよう、昼間の過ごし方も、少しずつ見直してい着たいと思っています。

最後に

この1週間、最初のうちは順調でしたが、少しずつ気の緩みが出てきて、行動を徹底できなくなってきました。
どんな時に、理想の行動ができないのか、そんなパターンが少しずつ分かってきました。

私の場合は、

  • ダラダラした時
  • 土日(夫と出掛けるなど)
  • その他外出

です。

どうしても、昼間に出掛けて、時間が取れない日もあります。
できれば、出掛ける前に書き終われるようになればいいですが、残念ながら、まだできません。

そういったところを少しずつ改善しつつ、どうしても昼間に書けない日は夜に書くという「例外」を入れつつ、早寝早起きを身につけていきたいと思っています(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。