できなくても「卑屈」にならない~完璧主義をやめたこと~

イメージ:コスモスと光

現在、生活の立て直し中ですが、昔の私と変わってきたこと。
それは、

できなくても、やってなくても、卑屈にならない!ということです。

以前の私は、完璧主義だったので、全て、自分でやらなければいけないと思っていました。
夫は会社員で、私は専業主婦。
だから、家事は全て自分が、完璧にやらなければいけないと思っていました。
そして、できなかった時は落ち込んだりしていました。

落ち込むだけならまだいいですが、イライラしたり、逆切れしたり、八つ当たりしたり、卑屈になったり。
今思うと、ヒドイ態度をとっていたなーと思います(-_-;)

自己嫌悪をやめて、できない自分を受け入れてから、落ち込んだり、八つ当たりや卑屈になることはなくなりました。
開き直りかもしれませんが、その方が、心が安定します(*^-^*)

私の夫は、ありがたいことに、私が家事をサボっていても特に何も言いません。
しかし、たまに茶化すように言うこともあります。

先日、久しぶりに1日中ダラダラして、洗濯物をサボった日がありました。
翌日には2日分のモリモリの洗濯物。
夫が「アレ?2日分?」と茶化すように言いました。
昔の私は、こういうことに「指摘された!!!」と過剰に反応し、ムキーーーーーーー!!!!となっていました。
しかし今は、「うん、昨日サボっちゃったー」と軽く返せるようになりました。
自分が気にしてさえいなければ、イライラすることもないのです(*^-^*)

他にも、休日の朝の食器を洗うのをサボってしまった時。
洗わなきゃなーと思いつつ、めんどくさいと放置していたら、夫が洗ってくれました。
昔の私はこういう時、夫の親切よりも、自分が完璧にできていないことに、「すいませんね」と卑屈に受け止めてしまっていました。
夫からすると、親切でやっているのに、卑屈な態度で返ってくるなんて、イヤな気持ちになりますよね。
今は完璧にできなくてもいいと思っているので、「ありがとう」と素直に夫の親切心を受け取ることができます。
夫もその方が気持ちいいですよね(*^-^*)

できないことを、受け入れる

できないことを、「自分にはできない」と受け入れると、そこから進めるようになります。
受け入れないでいると、そこで思考停止してしまうどころか、イライラしたり、マイナスの方にいってしまうことも。

自分ができないと受け入れることで、そこから冷静に考えることができます。
じゃあ、どうするか?と。
少しずつできるように努力したり、他のやり方など、対処法を考えることができます。

4年前の私は、片づけもできなかったし、家事もイヤで、イライラ、クヨクヨばかりして、一日中ダラダラしてました。
片付けられない、きちんと生活できない、そういったダメな自分を受け入れた上で、どうしたらいいか?と試行錯誤しました。
できることを少しずつ増やしたことで、今の自分まで成長できたのだと思います。

もちろん、今の私にもできないことはたくさんあります。
このブログを書くのにも、もっと集中して!と思っていますが、なかなかできなかったり(^-^;)
それでも、一つ一つ方法を試していくことで、うまくいく方法にいつか出会うことができると信じています!

まずは、「できない」ということを受け入れた上で、「じゃあ、どうするか?」と考える。
これからも、自分の状態を冷静に受け止め、どうすればいいか試行錯誤しつつ、もっと自分を成長させていきたいと思います(*^-^*)

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ
にほんブログ村

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。