人のモノについては、口を出さないようにする

昨日の記事で、家族が多いほど、収納はラクにした方がいいと書きました。
人数の多い実家で生活している今、モノが少なくて、さっと掃除できる状態になっていたらいいなぁというのが、正直な実感です。
私の理想のモノの量は、「なんにもないぶろぐ」の状態なので、実家にいるとモノが多いと感じます。
私の自宅ですら、そこまでの状態ではないので、実家にそのような状態にして欲しいというのも無理な話です。

モノがちょっとごちゃついていたりすると、その場所を掃除するのは私なので、片づけたいとか、モノを減らせばいいのにとか、すぐにしまえばいいのにとか思ってしまいます。
昔の私であれば、アレコレと口を出していたと思います。
しかし、今の私は口を出しません。

今の実家は少し大変な状況なので、忙しくて、片づけとかそれどころではないということもあります。
また、私も自宅にいると、少し散らかった状態でも過ごしてしまうので、人の家だからこそ気になるということもあると思い、口出しをしないようにしています。

片づけや、モノを減らすということは、その人がやりたいと思った時にやることだと思います。
以前の私は実家の母に対して、半ば強引に片づけをさせてもらったところがあります。
母にも片づけたいという思いが根底にあったので、なんとか片づけることができましたが、やはり本人に片づけたいという意思がなければ、難しいと思います。

私はモノを減らすと生活がラクになることを知っていて、実感しているので、人にモノを減らして快適な生活を勧めたくなります。
でも、結局そのモノを持っている人の意識が変わらない限り、相手は変わりません。
無理強いすることなく、相手が片づけたくなるような気持ちになれるよう、伝えられるようになりたいです。

ちなみに夫には、最初の頃、無理やりモノを減らしてもらいました。
でも、勝手に夫のモノを捨てたことはありません。
今はモノが少ない状態の良さを話していますが、シンガポールでのモノの少ない生活を経験しているせいか、夫の意識も少しずつ変わってきてくれているようで嬉しいです^^

↓相手が片づけたいと思ってくれるようになると嬉しいね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。