自分に必要だと思わない本は、結局読まない

昨日、一昨日と、私の人生に良い影響を与えてくれた本をご紹介しました。
 →私の人生と生活を前向きに変えてくれた本
 →幸せを感じながら前向きに過ごせるようになりました

本を紹介した記事の後に書くのもなんですが、最近、本について
興味がない本は、たとえどんなに素晴らしい本だとしても、ススメられても読まない
ということに、気づきました。

私は、自分が良いと思った本について、機会があれば、人に紹介したいと思ってしまいます。
こうして、たまにブログで紹介させていただいていますが、それについては、誰かの役に立ったらいいなという気持ちなので、特に問題はないと思います。

一方家族には、これ読んで!と、ススメてしまいます。
初めてこんまりさんの人生がときめく片づけの魔法に出会った際も、目から鱗が落ちるほどの衝撃を受けた私は、夫、母、姉にススメてしまいました。
母や姉は興味を持ってくれたのか、本を読んでくれましたが、夫は「興味がない」と全く読んでくれませんでした。

その後、半強制的ではありましたが、夫に片づけ祭りをしてもらったので、その後、こんまりさんの本を夫にススメはしませんでした。
それでも、正直、夫には片づけ本を読んで欲しいと思っていました。

5月の下旬ごろ、本屋でトヨタの片づけという本を見つけ、興味があり購入しました。
内容にも興味があったことはもちろん、夫も読んでくれそうな本だと思いました。

前回シンガポールに来た際に持参し、帰国時に夫に確認すると「読む」とのこと。
私がいない間に読んでくれるかもしれないと思い、シンガポールに本を置いて帰国しました。

約1ヶ月後、再びシンガポールに来ました。
本を読んだか夫に聞いてみると・・・

「読んでない」とのこと。

時間がなかった訳ではありません。(休みもありました)
本を読む気がなかった訳ではありません。(他の本を読んでいます)
それでも読まないということは…その本に興味がない=その本が夫には必要ないということだと思います。

夫に色々本をススメましたが、だいたい「興味がない」と断られました。
私が本をススメるので、夫から「じゃあ、この本読む?」と、夫が読んでいる統計学や歴史の本をススメられました。
「すごくおもしろいよ」と。

それに対する私の応えは…
やはり、「興味が無い」のです。

結局、人は、自分にとって興味がある本しか読まないのだと思います。

私は、人生で必要な時に必要な本に出会えると思っています。
一昨日ご紹介したこれまでしたことのない話も、タイトルから中身が全くわかりません。
それにもかかわらず、私はとてもこの本が気になり、買って読んだ結果、自分の意識が大きく変わりました。
このような経験から、必要な本であれば読みたいと興味がわくし、必要でなければ興味がわかないと感じました。
だから、どんなに素晴らし本でも、自分に必要な本には興味がわかず、読まないのだと思います。

そのことに気付き、今では夫に本をススメるのはやめようと思いました。
良いと思った内容は、言葉で相手に伝えるようにしています。
そして、自分が読み終わって十分だと感じた本は、さっさと手放そうと思いました。
相手に読んで欲しいからと持っていても、いつ読んでくれるかもわかりません。
自分で買った本ですら、読まずに放置してしまう本もあるほどなので、自分のモノではない本を、読む気にはなかなかならないと思います。

自分で買った本でも、読む気にならないということは、自分に必要なかったということで、さっさと手放してしまった方がいいと思いました。
自分の家で、読んでくれるかもしれない人を待つより、古本屋で読みたいと思う人を待っている方が、本にとっても良いような気がします。
これから読み終わった本は、どんどん手放して、新しい本で新しい知識や考えなどを取り入れていきたいと、改めて思いました!

日本は宅配買取など、読み終わった本を簡単に手放せるのでいいですね^^
 →送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
 →送料無料!自宅にいながら本が売れるブックオフオンラインのインターネット買取

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓興味がない本は、必要ないと思って、さっさと手放した方がいいね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。