シンガポール生活を経て、我が家に対して思うこと

最近、ブログの更新が遅くなっています。すみませんm(_ _)m
昨日の更新は、お昼の13:40でした。
別にブログがイヤになった訳ではないのですが、少し気が抜けているのと、日本に帰って来てから、まだ生活リズムがきちんと出来上がっていない状態です。
でも、毎日0時予約投稿にしているおかげで、前日に記事が書けなくても、その日に更新すれば、毎日更新できているので、やはり、私には0時予約投稿があっているようです^^

家が荒れているのはだいぶ落ちついてきました。
まだ少しモノが机の上に散らかっている状態なのですが、モノの配置を考え直したいと思うと、なかなか進みません。
しかし、他にやるべきことがあるので、後回しにしなければならないので、ちょっとモヤモヤしています。
やはり、やるべきことを早めにやっておくと、やりたいことをすぐにできるので、何事も早く取りかかるのが大事ですね!

さて、シンガポール生活を経験して、日本に戻って来て思ったことがあります。
もちろん、環境の違いもあるので、綺麗だとか、狭いとかは比べても仕方がありません。
それ以外で思ったこと。

・我が家はモノが多い。
→少しの滞在期間なので、なるべくモノを増やさないようにしてはいましたが、たったあれだけのモノで生活できると思うと、我が家の現状はモノが多過ぎると感じてしまいます。
もっとモノを厳選して、減らしたいです。

・掛ける収納は便利(私に合っている)
→服を畳むのが好きで、今まで苦に思っていませんでしたが、掛ける収納を一度経験してしまうと、畳むのが面倒に感じてしまいます。
洗濯物を取り込んで、そのままひょいっと掛けるだけ。
めちゃめちゃ便利!!!
しかも私、畳むのは好きなのですが、その後、畳んだ服を収納するのはなかなか動けません。
一度座ってしまうと、立つまでに時間がかかってしまうんですよね。
掛ける収納なら座る必要が無いので、そのままクローゼットへしまえるので、洗濯物(畳んだモノ)がリビングに残ることはありませんでした。
今後、掛ける収納に変えていこうと思います。

・行動動線を考えていない
130115.jpg
この写真、ときめきチェック後のクローゼットですが、当時、夫の衣類が右肩上がりに並んで、美しくて気持ち良い!と思っていました。

130115_2.jpg
こちらは、シンガポール宅の夫のクローゼットです。
右側に仕事着、左側に休日着を掛けています。

日本のクローゼットでは、スーツは左、ワイシャツは右の方にあり、クローゼットの扉も、左右両方開けなければなりません。
シンガポールのクローゼットのように分類出来ていれば、取り出しやすいのではないかと思いました。
他の部分も、行動動線やグループ分けが甘いと思うので、これらをきちんと考えれば、もっと出し入れしやすい収納になるように思いました。

ざくっとこんな感じです。
今まで当たり前だと思っていたので気付きませんでしたが、全く違う生活をすることで、改めて我が家の収納について客観的に考える事が出来ました。
しっかり考えて、使いやすい収納を目指して、がんばろうと思います!

↓客観的に考えるって大事だね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。