[実家] 義兄クローゼットビフォーアフター&収納棚完成

先日、姉夫婦部屋の収納棚をご紹介した際、寝室に置いてあったオープンラックがスカスカになったとご紹介しました。
 →記事:[実家] 姉夫婦部屋の収納棚アフター

こちらの姉夫婦の寝室ですが、元々押入れだった奥行のある押入れクローゼットがあり、こちらは義兄のクローゼットとして使用しています。

こちらも、義兄にモノを見直してもらい、さらに両親の押入れクローゼットと同様、パイプを縦に設置して、使いやすい収納に変更しました。
 →記事:[実家] 押入れクローゼットビフォーアフター 初めてのDIY

本日は、義兄のクローゼットのビフォーアフターをご紹介します。

ビフォー
130721_1.jpg
前後にバーが設置されていた為、衣類が重なり、とても使いづらい状態でした。
ここ以外にも、ハンガーラックがあり、そちらにも衣類が掛かっている状態でした。

アフター
130721_2.jpg
わかりにくいかもしれませんが、バーを縦に2本設置し、使わない季節の衣類を奥に掛け、今の季節の衣類を手前の横のバーに掛けています。
衣類を見直した結果、衣装ケースが9個から7個に減り、右側だけに衣類が全て収まりました。

左側の部分には、普段使わない衣類、使用頻度の低いモノを収納しました。
手前には、今まで外に出ていた姿見を収納したことで、部屋がスッキリしたと思います。

収納は、使い勝手が悪いと使わなくなってしまうので、バーの部分を改良したことは、とても良かったと思います。
また、モノが多い状態だと、入りきらないモノを衣装ケースの上などについついポンと置いてしまい、それだけでごちゃごちゃとなってきてしまいます。
本当に、必要だと思えるモノに絞ることで、何がどこにあるかもすぐにわかりますし、収納場所が決まることで、置きっぱなしでごちゃごちゃしてしまうことも少なくなると思います。

気付けば義兄も、「まだ使えるからととっておいても、結局使わないんだよね」と口にするようになっていました。
義兄には母や姉のように色々と言いづらく、あまり片づけについては言っていませんでした。
それにも関わらず、片づけを進めていくだけで、モノの持ち方に対する意識が変わってきたようで、片づけの効果を実感できて嬉しいです。

さらに、義兄の衣類が一カ所に固まったので、妊娠中であまり動けない姉にも、使いやすくなったのではないかと、勝手に思っています^^

もう1点、先日ご紹介した収納棚が完成しました。
130721_3.jpg

私が棚受けの数を間違えてしまった為、1段設置できていなかったのですが、棚受けを買って来てくれた義兄から、さっそく完成後の写真が届きました。

棚が最上段に増えただけなのですが、1段増えるだけで収納量はとても増えます。
最上段にはペット用のトイレシーツのストックを収納しています。
まとめ買いをすると、嵩張るものの置き場に困りますが、この上段のスペースとしっかり決めておけば、大量に荷物が届いても困ることはありません。
軽いモノなので、出し入れも楽ですし、最上段に収納するのにピッタリなアイテムだと思っています。

今回姉夫婦の部屋の片づけを実施し、DIYで棚を作ったり(義兄がですが)と、今までとは違う経験ができました。
モノを減らすことが一番大事ですが、収納を使いやすくしたり、収納量を上げることで、片付きやすくなるということもわかりました。
これからも、DIYにも挑戦しながら、より良い収納・片づけができるよう、しっかり勉強していきたいと思います^^

ブログ村>> トラコミュ ビフォー・アフター
ブログ村>> トラコミュ 押入れ~クローゼットの収納

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。