実家の片づけで、一番大切なこと!

先日、雑誌で実家の片づけについての記事を読み、実家を片づけられて本当に良かったと思いました。
 →記事:実家の片づけをやって良かったと、心の底から思います。

実家の片づけのことを思い返していたら、実家を片づけるにあたり、一番大切だったことはコレだ!と思うことがありました。

実家の片づけで、一番大切なこと

親が片づけさせてくれない

実家の片づけの記事で、よく見るフレーズです。
これを乗り越えなければ、実家を片づけられません。

片づけは、本人に片づけたいという気持ちがなければ、難しいと思います。
たとえ業者を使って片づけたとしても、本人のモノの持ち方に対する意識が変わらない限り、モノは増え、徐々に片付かなくなってしまうと思います。

実家の片づけをするために

実家の片づけをするためには、まずは親の意識を変えなければなりません。
「片づけよう!」「モノが多すぎるよ!」と言っても、残念ながら、反発されるだけだと思います。
私も、この言葉を母に何度も言ってしまいました(-_-;)
それでも母が片づけをしてくれたのは、この言葉の前に、母の意識を片づけに向けることができたからです!

その理由は…

  片づけを伝染させたから!

私が初めて片づけ祭りを実践した後、片づけられるようになったことが嬉しくて、母に電話でその気持ちを伝えていました。

「片づけられるって、本当に気持ちいいよ(≧▽≦)」
「掃除も超ラク!」
「今までは、モノが多すぎて片づけられなかったみたい(^-^;)」
「スッキリってホントにいいね(*^-^*)」

当時の部屋は、今見るとまだまだモノが多いですが、当時は本当にスッキリしたと感じていました。
言葉で母に伝えていましたが、部屋のスッキリ具合を伝えたくなり、母にこのブログを教えました。
ブログの写真を見て、母はとても驚き、すごいすごい!と言ってくれました。

実際、母は本当に驚いたと思います。
ブログに載せているBeforeのごちゃごちゃした部屋とは比べものにならないほど、実家にいた頃の私の部屋は「汚部屋」でした。
足の踏み場が全くない部屋でした。
そんな私が、片づけられるようになった。
母は、きっかけになったこんまりさんの片づけは、本当に効果があるのだと思ってくれたと思います。

その後、母にこんまりさんの本を読んでもらっただけではなく、母は私のブログを見てくれ、ついでにブログ村の「片付け・収納」の他のブログも見るようになりました。
そこには、私とは比べものにならないほど、スッキリとした家がたくさんあり、母の意識もさらに変わっていきました。
母の意識が「片づけたい」と変わったことで、私は実家の片づけを成功させることができたのだと思います^^

片づけは伝染する

私が片づけを始めてから、2年半経ちました。
その間に、義姉・母・夫・姉・義兄・父と、片づけが伝染していっています。
母が親戚の方に私のブログを教えることもあるので、その先はどこまで伝染しているかはわかりません(^-^;)

相手を変えようと思うとうまくいきませんが、自分が片づけを楽しんで快適な生活をしていると、片づけは伝染していくと思います。
最初の頃は、相手を変えようとして、夫に無理やり片づけ祭りをしてもらいました。
それも最初だけで、今は夫の意識も変わり、必要ないモノはきちんと手放してくれます。
まあ、夫が片づけたくなるように、片付けの良さを伝えましたが(笑)

「本棚が詰まっていると、新しい知識が入ってこなくなるよ!」
「家がきれいになると、運気が良くなるらしいよ」
「モノが少ないと、掃除がラクで嬉しいなぁ」

そういった言葉と、私の行動が、いつのまにか夫にも浸透し、夫もモノに対する考え方は、大きく変わっています。
「必要になったら、その時に買えばいいよね。」
そう言って手放してくれますが、今までに再び買ったモノはありません。

相手を変えようとしない

実家を片づける時に一番言ってはいけないことは、
「何かあった時に、通帳や印鑑の場所がわからないくて困るじゃない!」
「残されたこの家を、私が片づけないといけないのよ!」
などと、自分の都合を伝えてはいけないと思います。

私もついつい相手を変えようとしてしまいますが、人は、他人からコントロールされそうになると、反発するものです。
コントロールされるのもイヤな上、相手が自分のメリットしか考えてないと感じたら、余計反発して頑なになってしまうと思います。

最近、習慣化の本を読んでいたら、人は無意識に「安心・安全」を求め、変化を拒むのだそうです。
そのため、続けることもやめることも、習慣化するために努力が必要になるのです。

モノが多い実家だとしても、これまで過ごしてきた環境を変えることは、無意識に抵抗したくなると思います。
片づけるには、本人の意識が変わるしかありません。

相手を変えようとせずに、片づけを伝染させていく。

私は母を変えようとしてしまいましたが、たまたま「ブログを見せる」という形で、モノを減らすことを伝染できたのが良かったと思います。
これからも、もっと「モノを減らす」ことが伝染して、たくさんのおうちで片づけが進んだら、いいなと思います!
トラコミュ少ないモノで暮らす
トラコミュ整理整頓・お片づけ♪
トラコミュ断捨離でゆとり生活
トラコミュ捨てる。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓片づけが世界中に伝染していくといいね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








3 件のコメント

  • おはようございます。

    親の片づけができたこと、
    改めて羨ましいですヽ(´o`;
    うちは伝染してくれません。。。

    あたしは実家にいる頃すごい汚部屋っぷりで、
    片づけろって常に母から怒られてました。
    あたしが片づけた家を見て両親は感心して
    驚きさえしてましたが、
    片づけ手伝うよ?と言うと今はそんな気が起きない
    って言われてしまいました。
    確かに母は祖母の世話で
    (介護ではないけど同居してます)
    疲れているとは思うのですが、
    月1で泊まりに来いって言われ遊びに行く度
    汚いなーとつい気になってしまいます。
    安い時に買ってるからいいの!
    の一点張りでストックは大量だし、
    いらないってわかってるあたしや弟の学習机も
    お父さんが捨てるなと言う、って人のせいにして
    処分する気もありません。

    元々祖母の住んでた家もいつかは売却する予定で
    その時は片づけ手伝ってねって母に言われてるし、
    いつかは両親の住む家もどうにかしなきゃ
    いけなくなるのが今から億劫でなりません。

    とはいえ、こんまりさんにセミナーで
    そのことを質問した時、
    親の家は人のものなので手を出さないで下さい、
    って言われてしまったので
    親がやる気が出るまで嫌々遊びに行かなきゃ
    と思ってます。

    なんか朝から暗くてすみません(笑)

  • あ、報告です!
    つい先日実家に行った時に、
    テーブルの上と鏡台のごちゃごちゃを
    母が片付ける気になってくれて、
    一緒に片付けをすることができましたー!
    小さなスペースではあるけど、
    かなり気になってた場所だったので
    達成感もあり、次は掃除用具入れを片付けようと
    言ってくれました(≧∇≦)

    小さいとこから大きなとこに繋げていきたいなーと
    思ってます。

    • のんちぃさん、こんばんは!
      お返事遅くなって、ごめんなさいm(_ _)m

      小さなスペースでも一緒に片づけできて、本当に本当に良かったですね(*^-^*)
      片付けさせてくれないと思っている時は、自分もイライラしてしまいますし、親も反発して片づける方向になかなかむえないですよね。
      しかし、放っておいたほうが、突然「片づけようかな」と言い出すので不思議ですよね。
      次の掃除用具入れの片づけも楽しみですね!
      焦らず無理せず、がんばってください(*^-^*)

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。