実家のお片付け(2回目) その2 洗面所アフター

前回の記事、実家の片付けの続きです。

まずは洗面所の片付けをしました。
実家の洗面所には、半年ほど前(だったかな?)に作った、大きな作りつけの収納棚があります。
なので、モノが溢れているという事はありません。
でも、どうしても、私には気になる事がありました。

説明するのが面倒なので、アフター写真でご説明します。
ビフォーは母からNGが出ました(^_^;)

↓実家の洗面所棚のアフター
120617.jpg
(スッキリして、満足状態vv)

私が気になっていたのは、「タオルの収納」です。
アフター写真では、一番下の段の無印のPPケースのいくつかに分かれて収納してありますが、片付け前は、PPケースの上の段に畳んで種類別に積み重ねて置いていました。

そのまま置いてあるタオルって、どうしても雑然としているように見えてしまうんですよね。
これは、ホテルのように同じタオルが、ふかふかの状態で、きっちり綺麗に畳んで積み重ねられていない限り、美しく見えるのは無理だと思っています。
それに、洗面所は湿気の多い場所なので、できれば引き出し等にいれたいと思いました。
母にその事を伝えても、「しまう所がない」とのこと。
でも、これだけ大きな収納なのだから、絶対に何とかなるはず!と整理をする事にしました。

引き出しの中を整理すると、使っていないモノがたくさん。
今は使っていないコンタクトや、修理すれば使えるというドライヤー(もう1つ使用中のモノ有)。
チャック付のビニールは、とっても大量にあるにもかかわらず、もったいないからと何度か使ったモノまで保存。
(そんなとこでケチらなくても…)
それ以外にも洗面所に置くべきでないモノがあったりなど、45Lゴミ袋1袋分も処分しました。
(あ、もちろん、判断したのは母です)

タオルは畳み方を少しだけ変えるだけで、全てPPケースに納まりました。
PPケースの上の段には、元々私が持っていた別のPPケースを先日母が持って帰っていたので、小物類をスッキリ収納。
真ん中の位置の奥には、こまごまとしたストック類をまとめて置く事で、ストックの無駄買いを防げるようにしました。

さらのその上の段は、洗濯ばさみや掃除グッズなどを無印のメイクボックスに入れて収納しています。
奥行が少し余っていて、そこがデッドスペースになっていたのですが、洗濯洗剤やシャンプー等のストックを並べて置きました。
今までは、洗面台の引き出しに山盛りに入っていたのですが、一目でどれがあるかわかるようになり、良かったと言ってもらえました。
この段には、さらに使用頻度の低い洗剤のストックが置かれていたのですが、これは一番上の段に移動。
スペースを有効に使えるようにする事ができたと思います。

使いやすく、見た目もスッキリする事ができて、大満足です!
しかも、まだスペースに少し余裕がありますし。
やっぱり整理って大事だな、と感じました。

何より、母もスッキリしたと喜んでくれたのが、何よりも嬉しかったです^^

実家のお片付け話、もう少し続きます。
また明日以降にアップしまーす^^

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ランキングに登録しています。良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。