実家片付け(4回目) 補足と実家の状況

先日から実家の片付けについて書いておりますが、母からクレームが入ったので補足と説明をさせていただきます。
姉からも、このブログを読んでいるだけだと、母がものすごく汚い家に住んでいるように思われていそうと言われました。

実際の家がどういう状況か説明しますと、綺麗にはしているものの、モノが収納量より多くて入りきらず、少し溢れている状態です。

 所有しているモノの量>家の収納量 → 部屋にモノが少し溢れている
 所有しているモノの量>母の記憶量 → モノが把握できず、探し物をしている

母は常日頃から私に、「モノが出ている状態がイヤ。全てしまって、スッキリした状態にしたい」と言っていました。
私も母と同じように、モノが無くてスッキリした部屋、隠す収納が理想です。
こんまりさんの片付け法と出会って以来、この理想の部屋にだいぶ近づけたと思っています。
なので、母が理想としている状態する為に、今なら手伝うことができる、そしてそのためには、モノが多すぎる為、母に「モノが多すぎる」とよく言っており、ブログにも書いているのです。

実際の状況はこのような感じです。

まずは、キッチン。
夕食後に綺麗に片付けた後の状態です。(洗いモノの直後の為、まだしまっていない食器がありますが)
120922_15.jpg
毎日このように綺麗な状態を保っています。
(洗剤やスポンジの色味を抑えて、もっとスッキリした状態にしたいと勝手に思っている私は、マニアなレベルだと思っています)

一方、残念な状態のリビングです。
120922_13.jpg

120922_14.jpg

先日の記事で、リビングの大きな飾棚を撤去したと書きましたが、撤去後のリビングの状態です。
飾棚に入っていたモノが収納場所がなく溢れているのは仕方がないですが、元々収納場所がなく、ずっと前から置かれていたものもあります。
下の写真に写っている座布団は、冬の間にソファに敷いていたモノですが、夏の間にしまっておく場所がなく、リビングでこのような状態になっています。
他にも、和室や寝室にこれよりもう少し大きいモノの山があります。
なので、片付いているとは残念ながら言えませんが、ものすごく汚いというわけでもない状態、というのが現在の実家の状況です。

母は、戦後生まれの団塊の世代です。
モノが無い時代に育ちましたが、同じ世代の人よりはモノを捨てる事ができて、片付いた家だと言っています。
同じ世代の人の家には、箪笥がたくさんあり、さらにそのの上にもたくさんモノが積み上がっているような家や、何十年と使っていないモノが捨てられない家もあると聞きます。
テレビなどで見るそのような家と比べると、確かに実家は片付いていると思います。
しかし、母と同世代のお友達のおうちに、とてもモノがなくてスッキリと片付いた、私が憧れている家もあります。
なので、片付かないのは時代のせいだとは思いません。
意識や考え方で変わってくると思います。

今、母は少しずつですが変わってきています。
私が伝えた事に対して、飲み込むまで数日かかる場合もありますが、それでも、確かにそうしたら良くなるね、とわかってくれます。
自分で自分の家を片付けるのとは違い、意見がぶつかることもありますが、それでも家をスッキリさせようとがんばってくれる母と一緒に、これからも片付けをがんばっていきたいと思います!

↓片付けがんばれ!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








2 件のコメント

  • 「ダイエット ビフォーアフター」で画像検索していたら何故かココにたどり着きました。
    お母様とてもキレイにされてますね。
    汚いなんて、とんでもない!!
    同居する姑の部屋は本当に汚部屋で、
    鼻をかんだティッシュ、ワゴム、買い物袋が
    床に散乱し、脱いだ服が隅っこに積んであります。
    カーペットも食べこぼしのシミだらけ。
    とてもじゃありませんが写真公開できる代物
    ではありません。
    私は断捨離にハマり自室の不用品はジャンジャン
    捨てていますが、
    姑は「自分が死んだら処分して」と言って
    タンス6棹を死守しています。
    オカゲで日当たりの良い6帖部屋がタンス部屋に
    なってますけど。
    スッキリした家にしたいと行動を起こした段階で
    お母様は第一歩を踏み出していらっしゃる。
    片付けが終了したらビフォー写真を見て笑える日が
    やってくると思います。
    頑張ってやり遂げてくださいね!応援してます!!

  • >うしちゃん様
    初めまして!
    何故ダイエットからこのブログにたどり着いたか不思議ですね^^
    私は全然ダイエットできていませんが…(^-^;)
    お姑さん、同居で汚部屋とは大変ですね…(-_-;)
    ネットで家族や実家が片付けようとすると怒るので片付けられないというのを見ます。
    それを考えると、片付けたい!と言ってくれる母や、片付けに協力してくれる父は本当にありがたいと思います。
    モノが一つあるだけで、不思議と部屋の微妙に暗くなりますよね。
    それが、タンス6棹だなんて…。
    日当たりの良い部屋が本当にもったいないですね(>_<)
    うちの母親は、元々3棹ぐらい持っていましたが、今では全部処分したので、それを考えるとすごいと思います!
    応援ありがとうございます!
    今はまだ、部屋の写真を撮って見せただけで、悲しそうになるので、いつか、ビフォーアフターで笑えるようになるのを目指して、がんばります!!

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。