家電は生モノです

実家の片づけですが、だいぶ進んでいます。
目標は、今月下旬までに終わらせること。
本当に終わるんだろうか…と遠い目をしていた昔が嘘のようです(笑)

そんな実家の寝室の押し入れ上段ですが、今は、こんなにすっからかんになっています。
121109_2.jpg
収納するモノがない訳ではないのですが、ただ今押し入れ収納を思案中です。

そして、このストーブは使わないので処分しようと、リサイクルショップへ持って行きました。
他にも、姉が持っていた細々としたモノや衣類を少し。

姉と二人で頑張ってストーブをお店に運びました。
そんな私たちに店員さんはこう言いました。

『5年以上前の家電は買取が出来ない為、お持ち帰りをお願いします。』

Σ(@_@;)!!!!!

確実にもっと古いですよ…このストーブ…orz

よく考えてみると、過去にも同じようなケースがありました。
以前記事にした、単身赴任の父の部屋のモノを処分した時の事。
その時も初めにリサイクルショップに電話をしたところ、処分に4、5万かかると言われ、最終的に不用品回収業者に依頼して、5万円で処分をお願いしました。

その時に思ったのです。
8年前のしかも誰かが使ったモノなんて、お金を出して欲しがる人がいるのだろうか、と。

それ以外にも、我が家で電子レンジを処分する時、何年製ですか?と聞かれ、新しいモノしか値段がつかない、むしろ古いモノは処分費がかかるという事を体験しました。

それにもかかわらず、今回、何も考えずにリサイクルショップ!と思ってしまいました。
売れるわけないのに…。

反省です。

今回、改めて思いました。

家電は生モノ!

家電って、すぐに新しい型が出るので、旬な時期は本当に短いと思います。
旬の時期を逃したら、価格がつかないどころか、処分にお金がかかるようになります。
買う時にけっこうな値段がするので、「価値がある」と思ってしまいがちですが、「生モノ」なのですぐに鮮度は落ち、年数が経てば腐ってしまうようなモノだと思いました。

古い家電は、責任持って、きちんと処分しなければいけませんね。
電気ストーブは、母がさっそく粗大ごみに申し込みをしました。
たくさんお世話になった電気ストーブ、しっかり役立ってくれたので、笑顔でありがとうとお別れしようと思います^^

余談ですが、押し入れ上段の右側のラックには、母のアルバム類が入っていました。
出してみたらこんなに大量!
121109_3.jpg
箱に写真がぎっしり詰まっていたり、これ以外にも既に5、6冊のアルバムを処分済みで、本当にたくさんの写真がありました。

それを母ががんばってひとつひとつチェックし、これだけになりました。
121109_4.jpg
これだけ少なくなれば、見たくなったら見返すのもラクです^^
ちなみに、写真はアルバムに入れたりせず、このまま保管するそうです。
無理にアルバムにせず、少しの量を袋に入れて保管しておくというのも、保管方法としていいかもしれないと思いました。
(あくまで、整理後ならば、ですが。)

これから、押し入れを使いやすくして、母に喜んでもらえるようにがんばります☆

↓今度はちゃんと学習しようね!と思ってくださった方もそうでない方も、良かったら「片付け・収納」のバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。