掃除がラクな、キッチンのシンク

最近、「掃除がラクな家」にしたいと考えています。
 →記事:広い家よりも、狭い家の方が好きかも!

シンガポールでの生活は、日本で当たり前だと思っていたことと違うことも多く、生活を見直す良いきっかけになっています。

最近、キッチンのシンクの掃除がラクだ、と思うようになりました。

シンク周りはこんな感じ。
130902_4

掃除がラクだと感じる、シンクです。
130902_5

何がラクなのか考えてみると、シンクに凸凹もモノもなく、真四角なので、掃除がさっと終わるのだと思います。

日本の自宅のシンクは、少し前までこうなっていました。
130902_1
左に食洗器があり、整水器のホース、そして、洗剤等を置いているカゴ…。

食洗器は少し前に処分し、整水器はどうしようもできないのですが、私が気になったモノ。
それはこの、洗剤等を置くカゴです!
130902_2

このカゴには、手洗い用の石鹸と、食器洗い用のスポンジを置いています。
今まで、あるのが当たり前なので、これを使うことも当たり前だと思っていました。

しかし、シンガポール生活では、このようなカゴがありませんでした。

最初に住んだ家のキッチン(築30年)
130902_6
カゴをひっかけるタイプではなく、独立した洗剤置き場(排水溝付き)がありました。

2番目に住んだ家のキッチン(築数年)
130902_7
こちらはとても綺麗なキッチンでしたが、何故か2層式(笑)

今のキッチンも、前のキッチンも、そもそもスポンジなどを置く場所がありません。
壁に掛けたり、置き場所を作って使っていました。

最初は不便だと思っていたのですが、最近は、掃除がラクでいいかも、と思っています。
そもそも、整水器等のホースがないので、掃除がラクなのは当たり前です。
しかしそれ以上に、洗剤等を置くカゴを洗わなくて済むというのが、とてもラクだと感じています。

あのカゴを1本1本洗うのは、正直とても面倒です。
かごをひっかける部分も水が溜まりやすいので、念入りに洗わなければなりません。
にもかかわらず、日本にいた頃は、面倒でたまにしか洗っていませんでした。

一方、シンガポールでは、洗剤や蛇口をざざっと拭くだけで終わるので、毎日綺麗にすることができています。
シンクもシンプルな形状なので、洗うのも簡単です!

そのことから最近、洗剤を置くカゴ、使わなくてもいいのではないか?と思うようになってきました。

モノは、シンプルな形状の方が掃除がラクです。
さらに、モノは少なければ少ないほど、お手入れは簡単です。

そう考えると、日本に帰ったら、洗剤を置くカゴを使わない生活をしてみよう!と思いました。

日本の自宅のキッチンは、このような状態です。
自宅のキッチン

食洗器を置いていた板の上に、水切りカゴを置いて使っています。
この板をやめ、さらに洗剤を置くカゴをやめれば、掃除がとてもラクになるのではないかと思っています。

実際に生活してみないと、ラクかどうかはわかりません。
しかし、当たり前な状態を当たり前と思わず、改善できる方法はないか、考えることが大事だと思います。

帰国はもう少し先ですが、早く実践してみたいと思いました!
これからも、少しでも掃除がラクに、生活が快適になるよう、改善できるところがないか、しっかり考えていこうと思います(*^-^*)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓改善できるところがないか、考えることは大事だね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








4 件のコメント

  • 私も、洗剤を置くカゴを洗うのが面倒で。洗うのを忘れるとヌメリがついちゃうし、とにかく形状がイヤだなぁ…と思いつつも付けたままにしています。使う人に良かれと付いているのでしょうけど…。

    それにひきかえ、海外の四角いシンク、いいですね!ワンアクションでちゃっちゃっちゃ~と、四角くお掃除できると、ストレスなくてむしろ楽しそう。

    私もカゴを一度撤去してみようかな。せっかく付いてるのに…って、主人につっこまれそうですが(笑)

    • くみなさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      やっぱり洗剤を置くカゴって、洗うの面倒ですよね(^-^;)
      初めて置き場がないシンクを使った時は、なんて不便なんだろうと思っていたのですが、掃除のラクさにビックリしました!
      本当に、ちゃちゃちゃ~!と掃除が済んでいいですよ♪
      「せっかく付いてるのに」って私が夫に言われたら、「じゃあ洗って」と言ってしまいそうです(笑)

      日本のモノって、サービス過剰なぐらい色々な付属品とかあるので、その中から、本当に必要なモノ、使いやすいモノを厳選して使わないといけないですね。

  • じゃあ洗ってって、言ってみたい(笑)
    男性には皿洗いの先にある、排水溝の掃除とかシンク掃除を想像する力がないからイヤになる時があります…

    >日本のモノって、サービス過剰なぐらい色々な付属品とかあるので、その中から、本当に必要なモノ、使いやすいモノを厳選して使わないといけないですね

    まさしく同感です~
    そこが日本の良さとも言えるのですが、過剰なサービスが、される側のストレスになってしまうのは良くありませんよね。

    • くみなさん、こんにちは!
      私は何かの時に、「掃除までしてくれるなら、お好きにどうぞ」と夫に言ったことがあります。
      「なら、いい」と言ったので、結局自分でやるのはイヤなんですよね(苦笑)

      確かに、うちの夫も、細々としたところを洗うことだったり、衛生的に気を付けた方がいいことだったり、全然気にしてないですね(^_^;)
      根気よく教えていくしか、ないんですかねー。

      過剰なサービスは、本当に自分で取捨選択しないといけないですよね!
      特に家電の付属品とか、使わないモノがいっぱいで、とっておいても場所をとるだけですし(^-^;)
      あ、でも、シンガポールにいると、日本の過剰サービスがやっぱりいいな!と思ってしまいます!
      ポテトチップスの袋が、すんなり綺麗に開くとことか、箱につぶしやすいように切込みが入っているところとか(笑)
      やっぱり、日本っていいな!って思います(*´ω`*)

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。