衣替えって必要ですか?

最近、「衣替え」という単語を目にしたり耳にする季節になりました。
どーしても気になるので、思っている事を書いてみようと思います。

「衣替え」についての記事なのですが、実は私、「衣替え」について語る資格がありません!!!

なぜなら、生まれてこのかた、一度も「衣替え」をした事がないからです!

本当に、1度も、ありません。

全て洋服がすぐに取り出せる状態になっているので、今すぐにハワイに行くから準備して!と言われても全く困りません。

あ、学生時代に、制服を夏服→冬服に変えるという衣替えはしたことありますけどね。
いわゆる、洋服の収納を入れ替えるという衣替えはやったことがありません。

そんな私が衣替えの事を気にしたのは、昨年の秋、ダンナさんの一言がきっかけでした。

ダンナさん:『そういえば、衣替えしないの?』

私:『え?洋服全部すぐに取り出せるようになってるから、必要ないじゃん。』

ダンナさん:『イヤ、でも衣替えって普通するものだと思って…』

とまあ、その時はあまり深く考えなかったのですが、「普通するもの」と言われるとなんとなく気になってしまいまして、ネットで衣替えについて調べてみました。

感想 : め ん ど く さ っ ! ! !

洋服をたたむのは嫌いじゃありませんが、毎日の洗濯だけでもたたんでしまうのは結構労力がいります。
それを、一気に全部、しかも要る要らないをわけたり、しまうしまわないをわけたり、虫干ししたり…。
衣替えで丸一日かかったというブログもありました。
読めば読むほど、めんどくさいことこの上ないという感想です。

私の母は、結婚を機に衣替えをしなくてすむようにしたそうです。
そんなめんどくさいことをしなくて済むように育ててくれた母に感謝です。

先日、テレビでコジマジックさんがプチリフォームをされているのを見ました。
途中から見た上に、しっかり見てなかったのでうろ覚えですが、クローゼットにカラーボックスを二つつなげて、無印のソフトボックスのようなモノに洋服を入れ、手前と奥に2つ収納していました。
このソフトボックスを入れ替えれば、衣替えが簡単にできる!とおっしゃっていました。

正直私は、最初から奥行のある衣装ケースに収納すれば、衣替えなんて必要ないのに…と思いました。
また、カラーボックスにソフトケースだと、隙間からホコリが入るので、イマイチだと思いました。
確かに、奥行のある衣装ケースは、奥の方が出し入れしにくいという欠点もあります。
でも、衣替えの手間だけでなく、しまいこんで存在を忘れてしまう事に比べたら衣装ケースの方が良いのではないかと思いました。

もちろん、私はプチリフォームをされたご家族の生活を全く知りません。
コジマジックさんは色々わかった上で考えてやられていると思うので良いと思いますが、どうしても気になってしまったので、記事にしてみました。

そういえば書くと言って書いていませんでしたが、某資格の例にも衣替えをする収納例が出てきました。
個人的に納得していませんが、衣替えすることが一般的なのかと残念に思いました。

収納スペースの都合もあるので、全ての人に!というわけにはいきませんが、衣替えをしなくていい収納も考えてみたらどうでしょうか?
洋服のときめきチェックをして、きちんとたたんでみると、できるようになるかもしれません。

こんまり先生も著書でおっしゃっています。
『この際、衣替えはしないと決めてしまいましょう。』

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ランキングに登録しています。良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ 
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。