広い家よりも、狭い家の方が好きかも!

以前からブログに書いていますが、私は料理が嫌いです。
料理をしなくて済むのであればしない、専業主婦なのに、料理を用意していないこともしばしば…。
料理を用意していなくても怒らない、優しい夫に甘えていました。

5月頃、一度、料理嫌いを克服できるかもしれないと思いました。
 →記事:料理嫌いを克服

実家の手伝いで、1週間、毎日4人分の夜ご飯を作っていた際、やらなくてはいけないというプレッシャーからか、毎日きちんとできていました。
このまま毎日続ければ、21日習慣づけと同じで、料理嫌いが克服できるかもしれないと思いました。

トラコミュ
21日でよい習慣を身につける。

しかし、残念ながら料理嫌いは克服できませんでした。
母がメインで料理をし出したら、結局これまで通りの料理嫌いに戻ってしまいました。

そんな私ですが、最近、料理嫌いを克服できつつあるのではないか、と思えるようになってきました。

以前は、夕方になってくると、「あー、ごはん作りたくないなー」と憂鬱な気分になっていました。
今は、「ごはんを作りたくない」と考えていないような気がします。

もちろん、ダラダラしてしまって、なかなか料理に取り掛かれない時もあります。
それは「料理がイヤだから」ではなく、「ダラダラネットするのがやめられないから」という理由です。
先日ダラダラしてしまった時も、夫から「今から帰る」という電話で、その時間から慌てて料理をしました。
以前の私なら確実に、「ごめんなさい、ごはん作ってない」と言って、近所の定食屋さんに行っていたと思います。
そんな時間からでも料理をできたことで、自分は少しずつでも成長していると実感できました。

なぜ、料理嫌いを克服できつつあるのか、理由を考えてみました。
やはり、意識が変わったからだと思います。

掃除が苦ではなくなったり、時間を意識してきちんと生活しようと思えるのも、全て意識が変わったからだと思います。
 →記事:私の人生と生活を前向きに変えてくれた本

斎藤一人さんこれまでしたことのない話を読んで、自分を大事にするように心掛けるようになりました。
自分を綺麗にする、きちんと睡眠をとる、自分が居る部屋を綺麗にする。
そして、きちんとした料理を食べる。

以前は料理をするぐらいなら、空腹を我慢していました。
お腹が空いた時はお菓子を食べたり、1人の時は、とにかく食生活がめちゃくちゃでした。
食生活がめちゃめちゃだと、身体もボロボロになるし、頭も働きません。

自分を大事にしたいと考えていたら、きちんとご飯を食べたいと思うようになりました。

また、自分を大事にしたいと考えていると、自分の幸せはなんだろうと考えました。
私自身が幸せなのはもちろんのこと、家族や周りの人も幸せだと、私も幸せです。
特に、人生を共に過ごすと決めた夫には、特に幸せでいて欲しい。
そう考えると、今までの自分の態度や行動はダメだったと反省しました。

仕事をがんばって、疲れて帰って来ているのに、ごはんがない。私が不機嫌。掃除はしてない。
こんな状態では、家に帰って来ても疲れが取れる訳がありません。

斎藤一人さんの本を読んでからは、私自身を大切にするだけではなく、夫にも綺麗で居心地のいい家にしたい、私と一緒にいて心が安らげるようにしたい、そして、家に帰って来て、ごはんをのんびり食べて欲しい、そう思えるようになりました。
それからは少しずつですが、料理をやりたくないという気持ちが、薄れてきたような気がします。

実は、今日(27日)から30日までの4日間、夫は家で夕食を食べない予定です。
今までの私なら、イヤッホオウゥゥ!!!!と、料理をしなくていいことを喜んでいたと思います。

そんな時自分のご飯は、
・調理済みで冷凍したモノがあれば、チンして食べる
・素ラーメン
・野菜スープを大量に作って、ひたすら食べ続ける
という、ひたすら料理を避けた生活をしていました。

本当にだらけた生活をしていた時は、お菓子を食べ、空腹を我慢していました。
インスタントラーメンを作るのすら面倒で、マルちゃん正麺を、そのままかじったこともあります(すんごいマズかった…)

そんなダメダメな生活をしていた私ですが、今日はきちんと料理をしました!
130828.jpg
自分のためだけに、ご飯を3品も作るなんて、昔の自分から考えると、ありえません!!!
しかも、大量に作ってひたすら食べ続けるのではなく、今日の晩御飯と明日の昼ご飯の分のみです。
明日のごはんは何にしようかなー、なんて考えている自分がいるので、それはもうビックリです!

料理は本当に簡単なモノしか作っていませんが、それでもイヤイヤ料理をしたのではなく、よし!やろう!とすんなり取り掛かることができました。
まだ1日目なので、自分が本当に料理嫌いを克服できたのかはわかりませんが、あと3日間、苦も無く料理ができれば、料理嫌いを克服できたと、感じられると思います。

意識が変わったことで、本当に色々な良い影響が出て来ました。
まさか、自分を大事にするだけで、こんなに変わるとは思いませんでした。
まだまだ直したいところはたくさんありますが、これからも自分を大事に、意識を変えて、がんばっていこうと思います!

ブログ村>> トラコミュ 斎藤一人さん
ブログ村>> トラコミュ 主婦のつぶやき&節約&家事etc…

長々と書きましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓料理嫌いを克服できてるといいね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








2 件のコメント

  • 私も借家住まいをした経験から自宅は広ければ広い方がいいと思い込んでしまい、一部屋一部屋が大きな家を建ててしまいました。
    今はもっとコンパクトなムダのない家に憧れます。。^^;
    自分に合ったスペース、容量ってありますよね。気づくのが遅かったです・・苦笑

  • コメントありがとうございます!
    私も片づけブログを始めるようになってから写真を撮りだしたので、実家に住んでいたころの写真を撮っておけば良かったな…と残念に思いました。
    部屋の写真を撮るって、ブログなどの目的がないと、なかなか撮らないですよね(^-^;)
    やっぱり、広ければ広い方がいいと思いますよね!
    私も本当にそう思っていたのですが、たまたまシンガポールの滞在で色々なタイプの部屋に住むことができ、自分にどんな部屋があっているか、気づくことができました。
    モノだけでなく、スペースも必要かどうか、考えることって大事ですね^^

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。