資産管理は貸借対照表で。

今日は我が家の資産管理方法についてご紹介します。
昨日の貯蓄方法と同じで、全く特別なことはしておりませんが(^-^;)

以前の記事「ズボラな私が家計簿を続けるコツ」でも書きましたが、私は家計簿では残高の管理はしていません。
残高が合わなくなるとストレスになるので、家計簿は支出を収入内でやりくりする為だけに使用しています。

我が家は貯蓄用口座を別にするなど、お金の色分けをきちんとできていません。
そこで、今現在どのくらい貯蓄があるかは貸借対照表を作成し、そちらで管理することにしました。
貸借対照表を作成しようと思った理由は、先日ご紹介した本で、「家計でも貸借対照表をつけよう」と書かれていたからです。

「貸借対照表」と聞くと、なんとなく難しそうで敬遠してしまいそうですが、資産から負債を引いて、純資産がどれだけあるかわかる表だと思うと、難しい感じがなくなります。
我が家は持ち家ではないので、資産は金融資産のみと思うと、貸借対照表を作るのは難しくありません。

貸借対照表はこちらのサイトの表を参考に作りました。
(「貸借対照表 家計」で検索したら出てきました)

資産に現金や預貯金、負債にクレジットカードの未払い分や積立金を入力。
たったそれだけですが、我が家の資産がきちんと把握できるので、なんとなくスッキリしました^^

2月末時点で作成をしたのですが、気をつけたことは、家計簿上で交通費等の積立金の未使用分は、「負債」として記載したことです。
もちろん、特別費もです。
また、我が家は毎月28日に給与が振込まれるのですが、その給与を翌月分の生活費にあてています。
月末に貸借対照表を作成すると、既に翌月の生活費の分が振り込まれているので、その分も翌月の生活費として「負債」に記入しています。
このように記載すると「貯蓄額」が見えてくるので、記載してみました。

(この記事を書きながら、貸借対照表ではなくて、単純に貯蓄額がわかるようにするだけで良かったかなと思ってしまいましたが…(^-^;))

以前マンションを購入しようとした時(抽選ではずれました)、貯蓄がいくらあるのか把握しようと、貯蓄額一覧を作成したことがあります。
その時は家計管理ができていなかったので、クレジットカードの未払金は記載できず、純粋な貯蓄額がわからずに、モヤモヤと感じていました。
今回作成した貸借対照表では負債も記載しているため、きちんと把握できているという点で安心できるのが良いです。

貯蓄を把握できると、今後のお金のことをきちんと考えようと思えるようになりました。
今までは、本当に無計画にお金を使っていました。
マンション、抽選に外れて本当に良かったと思っています(^-^;)

いつか家を買いたいと思っていますが、きちんと貯蓄や家計を把握してれば、無理な金額に手を出そうとはしなくなりますよね^^
これからも、お金のことをきちんと把握して考えていくようがんばります☆

↓把握するって大事だね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








2 件のコメント

  • はじめまして。
    クレジットカードの未払金って結構影響大きいですよね。
    私も最近家計簿付け始めたんですけど、クレジットカードの支払日は口座預金いきなり減るのが衝撃でした。
    最近引落し金額を常に意識しているので、クレジットカードの乱用も減りましたね。

  • http://r-strage.com/
    初めまして。
    コメントありがとうございます^^
    クレジットカードって、意外と使っていますよね。
    我が家はほとんどクレジットカードで支払っているので、たとえ翌月に引き落としと思っても、額が大きいので意識しないとモヤモヤしてしまいます(^-^;)
    やはり、意識することって、効果が大きいですよね♪

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。