真面目・完璧主義をやめる!〜習慣づけが合わなかった理由〜

少し前に、こんなことを言われました。

「れいさんって、真面目〜!」

この時私は、自分が真面目だったということに、ビックリしました。学生時代、勉強もせず、マンガばっかり読んでいたから、自分は不真面目だとばかり思っていました。生活態度も夜更かししてばかり。真面目なハズがない、と。

この時始めて、「あ、私って、『考え方』が真面目だったのか…」と思ったのでした。

私は元々完璧主義したが、色々な本を読み、完璧主義をやめたつもりでした。しかし、実際に辞められてなかったと気づくキッカケになったのが、この「真面目」でした。

この出来事は数カ月前のことなのですが、やっと最近、「真面目・完璧主義をやめるって、こういうことなんだな」と、実感できてきた気がします(*^-^*)

習慣づけが合わない

現在、習慣づけとして1つのことに集中するのではなく、「じわじわ」と全体的に生活を改善することを目指しています。

先月末に床掃除の習慣づけを始めましたが、これも結局今は「習慣づけ」としては機能していません。しかし、床掃除に対するイヤな気持ちはなくなり、できる日も増え、じわじわと改善できています。

なぜ、習慣づけが合わないのか…
そう考えた時、私は、完璧を目指してしまうからだと気づきました。

習慣づけは、行動習慣なら30日間、一つの行動を繰り返すことで、習慣として行動を身につけることです。しかし私は、「真面目」に取り組むあまり、100%を目指していたことに気づきました。

もちろん、できた日もあれば、そうでない日もあります。それでも、気持ちの上では「100%」を目指してしまい、そして結局、苦しくなってやりたくなくなる。できない日が続くと、もういいや…と投げ出してしまう。

そんな悪循環に陥ってしまっていたのだと思います。

「じわじわ」生活改善の良いところは、1つの行動に注目しないので、完璧を目指していないところです。自分の行動を振り返ってみて、その時々で改善したいところに注目する。できなかったらやり方を変えるだけ。改善点がちょこちょこ変わるため、完璧を目指せないところが、私に合っているのだと思います。

真面目・完璧主義をやめる

じわじわ生活改善では、「改善点」では完璧を目指せませんが、1日の生活の仕方という点では、「完璧な1日の過ごし方」を目指すことができてしまいます。自分が「真面目」で、まだまだ完璧主義をやめられてなかったと気づき、「完璧な1日」を過ごそうと思うことも、やめようと思えました。

私にとっての完璧な1日は、自転車に乗れない日は、朝のうちにやるべき家事を済ませてしまうこと。でも先日、床掃除ができていないのにのんびりしたくなってしまいました。完璧を目指す私だったら、たとえできなくても「やらなきゃ」という意識になっていたでしょう。もしくはムリヤリ掃除をがんばって、その後ダラダラしてしまったかもしれません。

その日は、完璧を目指すことをやめようと意識して、あえて、掃除ができてなくても、のんびりスマホでマンガを読みました。その後、スタバに行きたくなったので、スタバに行って読書。午後からは、ブログを書くことができました。

その他に、今朝のこと。身体が疲れていなければ自転車に乗りたいと思っているのですが、今日は折角晴れているのに自転車よりも本が読みたい気分。真面目な私だったら、それでも自転車に乗らなきゃ!と思ったかもしれません。でも今朝は、本が読みたいなら、本を読もう!とスタバに行きました。

このように、ほんの些細なことですが、自分が完璧を目指してしまいそうになっていると気づき、行動を変えてみました。その時々で臨機応変に対応すること。普通はそうやって過ごしているのかもしれませんが、私は「真面目」に「理想の1日」を思い描き、ただひたすら、それに従おうとしてしまっていました。

また、私にとっての「完璧な1日」以外の過ごし方は、「ダラダラ」だと思っていたので、そうなってはいけないと、思っていたのかもしれません。

完璧主義をやめることができて、やっと、少しラクに過ごせるようになったと感じています。これからも、完璧を目指すのではなく、「最善」を目指して、自分のやりたいことをたくさんやりつつ、楽しんで過ごしていきたいと思います(*^-^*)

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。