家の快適化にかける予算

一昨日の記事、我が家の貯蓄方法というタイトルだったのですが、最近400~600アクセスだったのが、938アクセスありました。
皆さん、貯蓄方法には興味があるようですね(笑)
特別なことを書いていなくてすみませんm(_ _)m

さて、今日は片づけにかける費用について記事にしようと思います。

私の趣味は片づけです。
以前は片付けられない女でしたが、1年3ヶ月前にこんまりさんの片づけ法に出会い、無事に片付けられるようになりました^^
そこで終わりではなく、今では家を快適に、片付けやすく、ときめくモノに囲まれた状態にしたいと思っています。

ある程度モノは減って片付いた状態にはなっていますが、まだまだ改善点はたくさんあります。
出し入れしやすくするために、収納を改善したくなり、収納用品を買いたくなります。
さらには、以前適当に買ったときめかないモノたちを、ときめくモノに買い換えたい欲求もあります。

お金があればどんどん買い換えればいいかもしれませんが、我が家は節約を意識し始めたばかり。
まさに、欲求と節約の戦いです。

しかし、実はそれ以前の問題もあります。

我が家は社宅なのです。

社宅としてはいいおうちに住まわせていただいておりますが、いずれはここから出ていかなければなりません。
いずれは持ち家が欲しいと思っているので、この社宅をどんなに快適にしても、いずれ住む家にぴったりになるとは思えません。

そう考えると、なかなか家にお金をかけるのは難しいと思っています。
しかも、今は家にほとんど住んでいません。
シンガポールや実家にいることも多く、家をどんなに快適にしても、その快適な家に住んでいないのでは意味がありません。

でも、家を快適にしたい。
そんな欲求は消えません。
頭の中で片づけのことを考えているのは、とても楽しいのです。

そんな私の欲求を満たすべく、我が家は「設備費」という予算を(勝手に)作っています。
全てまとめて「雑費」とするのではなく、日用品とわけています。
日常的に必要なモノを買ったら「日用品」。
例えば、トイレットペーパーや洗剤、シャンプー、スポンジなど。
電球が切れて買い換える場合も日用品です。

一方、設備費は生活を快適にするたの費用としています。
収納用品や食器やキッチンツールなど。
さらには粗大ごみの費用や修理代なども設備費に入れています。
日用品と別にすることで、家を快適にする為にかけられるお金が、きちんと見える点が良いと思っています。

今月の設備費の予算は5000円。
使うつもりはありませんが、家に少しだけいる予定なので、なにか素敵な改善ができそうな時にストレスにならないよう、一応予算はとっています。
ちなみにこの予算は繰り越しません。
私はお金が貯まったら、買うことへのハードルが下がってしまうので…(^-^;)

今はお金をかけて収納を改善するよりも、まずはモノを減らそうと思っています。
といいつつ、頭の中では収納の改善を考えてしまうんですね(^_^;)
本当に自分がお金をかけたいところをしっかり考えて、後悔しないお金の使い方をしていきたいです☆

↓後悔しないお金の使い方って大事だね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。