モノの見直し!〜1週間で8割捨てる技術〜

先日読み途中とご紹介した『1週間で8割捨てる技術』。
この本を読んだら、

なんか、やたらとモノを減らしたくなりました(*´∀`*)

昨年から、ずっと「モノを見直したい」とブログでも書いており、自分でも、やるやる詐欺状態だと自覚しています(^_^;)
現状を変えるために、いったん「モノを見直したい」と思うことをやめてみました。
モノを見直さなくてもいっか、と思い、最近は特に片づけたい熱はなかったんですが、この本を読んだら、やたらと見直したくなり、

クローゼットと棚2箇所、見直し終わっちゃいました♪

自分でも、ビックリするぐらい、簡単に動けてしまいました。
もちろん、家中すべて終わったわけではありませんが、毎日、使うたびに「モノ増えたな…」と思っていた部分を片づけたので、今は棚を開けるたびに「おお!スッキリ(*´∀`*)」と感じています♪

一番効果があったのは、先日もご紹介しましたが、この部分です。

そのモノを持ち続けていれば、理想の私に変われるかもしれないと思っていたのですね。「これを買うと、なりたい自分になれると思って買ったモノ」。それを私は「野望ガラクタ」と読んでいます。

「野望ガラクタ」はとても捨てにくいです。なりたい自分になるために購入したので、それを捨てることは自分の希望や夢を捨てる決意をするようなものだからです。

買ったけど、全然使っていないモノ、いくつかあります。
特にシンガポールにいるので、日本でしか買えないモノは、より捨てにくく、頭の片隅では使っていないこと、もう手放してもいいんじゃないかとわかっていても、なかなか捨てられませんでした。

しかし、この本は背中を押してくれました。
「キレイ目な人」になりたくて買ったワンピース、「おしゃれな人」になりたくて買ったマニキュア。
そういう理想を持つのはいいことだったかもしれませんが、シンガポールに来てもう1年半。
時間はあったのに「使わなかった」ということは、私はそこまでその状態を目指していないのだと、わかりました。

もちろん、おしゃれな人になりたいと思うのをやめたワケではありません。
しかし、「今」はそうじゃないんだと受け入れて、手放すことにしました。
大切なのは「今」。
そしていつか、本当に「すぐ使う」時に、必要だったらまた買えばいいのです。

最後に

クローゼット、棚2つのモノの見直しをしてみて、とてもスッキリしました。
それだけでなく、やってみると、すぐ終わります!
たいていのことは、うだうだ悩んでいる時間のほうが長いくらい、やるとすぐに終わるんですよね。
悩んでないで、さっさと終わらせれば良かったと思っちゃいました(^_^;)

家の中が、少しスッキリしてきましたが、我が家には、まだモノが詰まっているところがあります。
それは、ストアルームです。
日本で言うと、納戸のような感じ、そう、物置です。

シンガポールでは、ゴミはダストシュートがあり、365日24時間、いつでも捨てられます。
しかし、ダストシュートに入らないサイズだと、自分で外に持っていかなければいけないので、他のゴミが手軽な分、面倒に感じてしまいます。
そういった大物や、使うと思って持ってきたけど使わなかったモノは、つい、ストアルームに入れてしまってまして(-_-;)

そういったモノをなんとかしなくてはと思うと、少し憂鬱です。
しかし、ストアルームがスッキリしたら、もう、めちゃくちゃ気持ち良くなると思うので、しっかり、スッキリさせたいと思います!

トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 断捨離でゆとり生活
トラコミュ おうちを片づけたい
トラコミュ 捨てる。

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。