ほぼ何もないお風呂。掃除がラクすぎる!

昨日、スッキリした洗面所をご紹介したので、今日は、その奥のお風呂をご紹介します!

ほぼ何もないお風呂!

洗面所の写真、この右奥部分がお風呂です。
シンガポール宅のバスルーム(洗面所)。お風呂
日本のお風呂と比べたら全然違いますが(笑)

シンガポールにも、バスタブがあるタイプのお部屋もありますが、我が家はバスタブ兼用(?)タイプ。
栓をしてお湯を溜めることはできますが、バスタブとして使ったことはありません。
そもそも、扉もないですし(^-^;)

お風呂としては、シンプル過ぎる作りですが、本当に、これがめっちゃイイです(*´▽`*)

お風呂にあるのは、シャワーと水栓、少しモノ置きがあって、ボディーソープ・シャンプー・トリートメントを置いています。
ほぼ何にもないお風呂
シャワー、蛇口、さらに頭上にシャワーがありますが、切り替えるレバーもなくて、蛇口をどう捻るかで、どこから水が出てくるか変わります。
最初の頃は間違えて、上か冷水が降って来て、ひやぁぁぁぁ!ってこともありましたが(^-^;)

お風呂の反対側はこんな感じ。
ほぼなんにもないお風呂
少しモノを置けるスペースに、無印良品のバススポンジを置いています。

備え付けの設備も少なければ、置いてあるモノもかなり減りました(*^-^*)
夫・私の洗顔フォームが置いてあったり、夫婦でボディーソープやシャンプーが別だった時もありました。
今はスッキリ、これだけ。
この状態が、とてもとても快適過ぎて、たまりません(*´▽`*)

掃除がラクすぎて、幸せです!

バスタブが無ければ、扉もない、鏡もない、お風呂用の椅子も無ければ、風呂おけもない。
この状態のお風呂が、今はとても気に入っています!

以前私は、お風呂掃除が大キライでした。
本当にイヤでイヤでしかたがなかったのですが、今、このシンプルなお風呂掃除は、毎日ササっとできています!

シャワーを浴びたら、無印良品のスポンジで全部ざざっと洗って、最後に無印良品のガラスワイパーで水切り。
たったそれだけ。

掃除を毎日できるようになったもの、モノが少なくて、シンプルなお風呂だからだと思います。
バスタブがないお風呂で大丈夫なのも、一年中暑いシンガポールだからかもしれません。
それでも、いつか日本でも、こんなシンプルなお風呂にするのが夢です。
さすがにバスタブはあったほうがいいかなと思いますが、鏡も、物置も、お風呂用の椅子も、風呂おけも、タオルを掛けるバーもない、シンプルなお風呂。
そんなお風呂が、私の理想です。

今まで、お風呂と言えばバスタブがあって、分岐水栓、鏡、物置など、色々ごちゃごちゃしている状態が当たり前だと思っていました。
シンガポールでこの部屋に住み始め、最初は扉がないこと、お風呂の椅子がないことも、少し戸惑いました。
でも、人間はなんでも慣れていきます。
むしろ今は、この状態が快適です!
そして、MEC食を始めてから、メイク落としもラード、肌の調子が良くなったので、洗顔もボディーソープで済ませてしまいました。
おかげで、お風呂場にモノが少なくなり、とてもスッキリしています!

水回りは、特に掃除がめんどくさい。
だからこそ、モノを減らして快適にしていきたいと思います(*^-^*)

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ
にほんブログ村

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

関連エントリ

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。