お金の引き寄せ

今日は、「お金」の引き寄せについて書こうと思います。
私はお金が好きなので、お金の本を結構読んでいます。
「お金持ちの教科書」とか、そういう系の本(笑)
そして、良いなと思える部分をマネしたり、考え方を変えたりしているうちに、お金について心配せずにいられるようになりました。

お金系の本に書いてあることは、ざっくりいうと同じことです。
お金に対するブロック(受け取ってはいけない、お金儲けは良くない、お金は汚いなど)を外して、心の底の底の底の底から豊かであると信じること。
そうすれば自然とお金が入ってくる。
こういったことを、「お金持ちの気分でお金を使う」「ホテルで1杯1000円のコーヒーを飲む」「寄付をする」など、意識が変わるような方法論も含めて、本には色々な言葉で書かれています。

節約していた頃が、一番「お金がない」と感じていた

私が一番「お金がない」と思っていたのは、節約をしていた頃です。
家計管理ができなかった私は、家計簿を買って、日々使ったお金を記入していました。
浪費をしているつもりはなくても、ほとんどの月は手取り額より多く支出し、「今月も赤字だ…(-_-;)」と嘆いていました。
少しでも節約しようと、本を買うのを我慢したり、安い食材を買ったり、夫が数百円の雑誌を買うのにも目くじらを立てていました。

そうやって節約をしているのに、なぜかお金はたまらない。
逆に、強制的にお金が出ていくこともありました。

節約していると、強制的にお金を使わされることも

心屋仁之助さんの「一生お金に困らない生き方」にこんなエピソードが載っていました。

あるとき僕が大好きなアーティストのライブあありました。
5万円のプラチナチケットが手に入りそうだったのですが、さんざん考えた末、もったいないので、やめておきました。
すると乗っていた車をこすってしまい、修理代に5万円請求されました。ケチケチして、お金を使おうとしないから、強制的に使わされました。
結局、ためようとしていてもお金はなくなっていく。
ならば、出してしまったほうがいい。
回していったほうがいい、というわけです。

私自身も、強制的にお金を使わされた経験があります。
まさに、「お金がない」と節約していた頃のこと。
クレジットカードの請求額を見て、「なんじゃこりゃーΣ(@Д@;)!!!!!!」と目ん玉が飛び出そうになったことがあります。
当時、シンガポールに長期出張していた夫が使った金額で、内容は「クリーニング代」でした。
滞在していたホテルにコインランドリーがなく、パンツから靴下まですべてクリーニングに出していたそうです。
その後、ホテルからコンドミニアムに移り住んだため、目ん玉が飛び出るような出費はなくなりました。

この出来事は家計管理ができるようになったきっかけになったので、結局は良かったと後から思いました。
それでも、予想もしていないところでお金を使わされたのは、お金を使わないように使わないようにしていたから、心屋仁之助さんのように、強制的に使わされるようになったのだと今では思っています。

お金の流れが良くなってきた

私の中で、お金の流れが良くなってきたと感じるのは、本を買うようになってからだと思います。
節約をしていた頃は、本1冊を買うのに、とても悩んでいました。
1,500円ほどの本を買うのに、どうしよう、節約しなきゃ、でも読んでみたい、と葛藤。
当時の私はかなりの出不精だったので、図書館に行くという選択肢はありませんでした。

そしてある時、ふと気づきました。
1500円の本も買えないほど、私はお金に困っているのか?
イヤ、そんなことはない。
独身時代の貯金もあるし、夫も働いてお金を稼いでいてくれるし、ちゃんと家の貯金もある。
この本で私の生活も変わりそうだし、本を買おう!

こんな風に、本にお金をかけるようになってから、少しずつお金の流れが良くなってきました。
収入が増えたり、逆にお金が出ていかなくなったり。
もちろん、本を買う以外にも、ホテルで1杯1000円のコーヒーを飲むというのを実践したこともあります。(出不精なので、たまーにでしたが(^-^;))
コンラッドホテルで紅茶とケーキでティータイム
一人でホテルのラウンジで本を読むのは、最初は緊張しましたが、とても心地良い時間でした。

ホテルはたまーにしか行っていませんが、日本にいる頃は、ドトールによく行くようになりました。
節約していた頃は、、カフェでのんびりするなんて、ありえないと思っていました。
コーヒーなんて、家で飲めばお金がかからない、そんな考えをやめてお金を使う。
そして今は、よくスタバでカフェラテを飲んでのんびり過ごしています。

一見、お金を使うようになっていますが、逆に、本を買って、カフェでのんびりして、必要なモノを買っているうちに、お金がないという状況ではなくなってきました。
片づけられるようになって、本当に必要なモノをがわかり、ムダなモノを買わなくなりました。
今はMEC食を始めたことで、お菓子も買わないし、料理が簡単なので外食も減り、肌もキレイになってきたので、高い基礎化粧品も必要なくなってきました。

必要なお金は、必要な時に、必要なだけ入ってくる

そう信じて、豊かさを感じながらお金を使うこと、それがお金の良い流れにつながるのだと感じています。

豊かであると信じること

目ん玉が飛び出るようなお金が出ていったのは、、2012年11月のこと。
それから2年半、今は自分が「豊かである」と信じることができるようになりました。

「お金がない」と思っていると、お金がない状況を引き寄せます。
節約をすることが楽しかったり、貯金することが楽しい!とワクワクする方は、それも良いと思います。
しかし、「お金がない」と苦しい思いから節約していると、思いもよらない形で、お金が出ていくことになりかねません。
良い方に願いが叶う時、今住んでいる家や猫との触れ合いのように、思いもよらない形で願いが叶うことがあります。
一方、わるい方に願いが叶う時も、クリーニング代のように、思いもよらない形で叶ってしまうこともあります。

これからも、お金の良い流れを引き寄せられるよう、豊かであることを信じて、過ごしていきたいと思います!

お金に関するオススメ本

お金に関する「在り方」を教えてくれる本。
存在しているだけで価値がある「存在給」という考え方が、目からウロコでとても良い本です。

この本もとても良い本だと思います。

私の大好きなワタナベ薫さんのお金の本です。

最近読み終わった本。
お金と引き寄せの法則がわかりやすく書かれています。

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

関連エントリ

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

6 件のコメント

  • れいさん、こんばんは♪
    お金の引き寄せも、良いことの引き寄せも、固執し過ぎると良くないんですかね。お金があり過ぎても、嫌な争い事も起きそうですものね。

    仕事をするようになり、自分の時給に見合った仕事をしているか?自分を高める努力をしているか?誰のために自己投資しているか?と考えるよう教わりました。心屋さんの存在給という考え方も、興味をそそられます。著書も是非読んでみたいです。

    引き寄せに関するコメントへのお返事をありがとうございます。類は友を呼ぶとも言いますし、良いことには良いことが誘われて来るのかな?と思います。そして、それは決して偶然ではなく、チャンスの神様の前髪を掴もうと、努力して待っている人にしか得られない物だとも思いますので、できる範囲で頑張ります。

    モーニングページ始めました!私はイブニングもしくはミッドナイトになりそうです。

    れいさんのブログを読んで、町の本屋さんが少なくなっていること、本を買って読む機会が減っていることに気づかされました。私も気に入った本は、できるだけ本屋さんで買って読むことにしました。子供の頃に難しくて余りよく読めなかった本も、今なら楽しめそうでワクワクします!

    • hanaoさん、こんばんは!
      今頃の返信で、本当に本当に申し訳ありませんm(_ _)m

      何事も、執着してしまうと悪い方向にしか行かなくなる気がします。
      執着というのは「ない」という気持ちにフォーカスしているので、どんどんない状態が叶ってしまうんですよね。
      存在給という考え方、とても気持ちがラクになるのでオススメです。
      最初は、何もしないなんてダメではないかと思うのですが、ダラダラしてても、夫に料理をしてもらっても、自分には価値があると思うだけで、とても気持ちがラクになり、逆に色々なことに対して意欲がわいてきます。
      良かったらぜひ!

      hanaoさんもモーニング・ページ始められたんですね!
      その後いかがですか?
      私は朝が一番捗りますが、書くだけで気持ちの整理ができたり、色々な気づきを得られたり、全然違ってくると思います!
      お互い、自分自身と向き合って、自分を変えていきましょう♪

  • お久しぶりにお邪魔しました。
    分かります、私も同じような体験をしてます。
    それから全くお金に振り回されなくなりました。
    お金の奴隷にならなくなったのかな?と思います。
    これはお金関連の本に書いてありました。
    不思議と必要な時にお金がやってきます。
    気持ちよくお金を使うとまたお金はめぐってきますね。

    • あかぽんさん、こんばんは!
      今頃の返信で、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

      あかぽんさんも、同じような経験されているんですね。
      お金の奴隷にならなくなったという表現、すごくよくわかります!
      必要な時に、必要なだけお金が入ってきますよね♪

      私も気持ちよくお金を使って、たくさんお金にめぐってきてもらいたいです♪

  • はじめまして。。。
    偶然、こちらのブログを見つけてから、過去ログで勉強させていただいてます^^

    あまり扱われない『お金』についての記事、とても興味深かったので書き込みさせてもらいました。
    私はお金ってネコみたいだなぁって思います。
    追いかけると逃げていくし、ふと気付いたら傍に寄って来てたりww

    「引き寄せ」にあたるかは分かりませんが、程よい距離でうまく付き合っていきたいなと思ってます。

    • とにほさん、初めまして、こんにちは!
      せっかくコメントくださったのに、今頃の返信で、大変申し訳ございませんm(_ _)m

      お金の話って、なんとなく口に出しづらいという雰囲気がありましたが、それ自体が、なんとなくお金に対して心を開いていない状態なのかな、と思います。
      私自身、初めてお金のことを書くときは、どういう反応が来るのかな?と、ちょっとドキドキしてました(^-^;)
      でも、色々な反応をいただけて、やっぱり書いて良かったと感じています!

      お金が猫みたいとは、面白い感覚ですね(*^-^*)
      逃げられるのは悲しいので、猫もお金も、仲良くなりたいなーと思ってます(笑)

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。