夫の机の上、キレイな状態が続いています!

少し前に、夫の帰りが遅くて、寂しくなったという記事を書きました。
私は早く帰って来てほしいと思っていることを伝えたところ、早く帰って来てくれるようになりました。
仕事が忙しくなったら遅くなるのも仕方がないと思いますが、意識をして早く帰って来てくれているので、伝えて本当に良かったと思っています^^

以前の夫は、夜遅く帰宅して、ご飯を食べて、少しテレビを見て、寝て、朝シャワーを浴びて、会社に行くという生活でした。
帰宅時間が遅いので、家に帰って来ても疲れて、のんびりテレビをみるぐらい。

早く帰って来るようになったら、家でも勉強をするようになりました。
以前も勉強しなきゃと言ってはいたのですが、疲れてそんな余裕はなかったと思います。
早く帰宅することで、疲れを取るだけでなく、勉強に取り組める体力と心の余裕ができたのだと思います。
そして、机の上も、キレイな状態が続いています!
夫の机の上
以前は、机の下のモノが置ける部分に、勉強の本やノート、その他細々したモノがたくさん置かれていました。
勉強の本やノートは本棚の定位置に、使ったらきちんと戻してくれるようになりました!

夫曰く、「机の上がキレイだと、やる気になる」そうです。
確かに、部屋が綺麗だときちんとしたくなりますし、キッチンがピカピカだと、料理や片づけも頑張ろうと思います。
逆にごちゃごちゃしていると、やる気が出ません。
たとえ面倒でも、使った後戻すのが、一番大事ですよね^^

家族にも片づけは伝染する

片づけをがんばっていたら、いつの間にか夫も、片付いた状態をキープするようになってきました。
片づけを始めた当初は、夫にも片づけを押し付けてしまっていました。
最近はアレコレ言うことは少なく、たまに「これいるの?」と聞くことはあっても、ムリに押し付けることはありません。
「隙間がないと、新しいモノが入ってこないんだよ」とか、片づけの効果を伝えるぐらいです。
しかし、ムリに片づけを押し付けなくても、いつのまにか夫が変わっていました!
最近は、私がきちんとしていなことも多々あり、反省するぐらいです(^-^;)

初めての片づけ祭りから2年経ちましたが、自分自身だけでなく、夫も本当に変わってくれたと思います。
これからも、より良い生活を目指して、家を快適な状態にするようがんばっていきたいと思います!
そして、多少きちんとしてなくても、優しくしてくれる夫のために、私自身の生活などをきちんとするよう、がんばります!

↓自分も家族も、整理整頓・お片づけをして、快適な家にしていきたいですね!

にほんブログ村 トラコミュ 整理整頓・お片づけ♪へ
整理整頓・お片づけ♪

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓夫の机の上が綺麗になって良かったね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








2 件のコメント

  • 最近、れいさんの記事と私が思ってることややってることがシンクロしてる(笑)

    私も机というか棚やテレビの上などものを乗せるのをやめて、目に入るものを少なくしたら、勉強はかどるんです。
    集中して継続して勉強するなんて、自分でビックリです(笑)
    多分、人生初ですね。

    読書灯見に行ったんですが、地元はソーラーのしかなかったので、横浜行った時に探してみまーす。

    • primavera-roseさん、こんばんは!
      シンクロしてますか!
      なんか嬉しいですね♪

      机の上やキッチンに何も置いてないと、スムーズに取り掛かれますよね!
      勉強を継続できているとは、すごいです!
      最近、全然読書などもできていないので、私もがんばろうと思いました!
      モチベーションをありがとうございます!

      読書灯、なかったのは残念ですね。
      横浜にあるといいですね♪

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。