モーニングページを再開。昼間、パソコンで書いています。

昨年の4月から半年間、モーニングページを書いていました。

モーニングページとは、『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』で紹介されている、創造性を回復するためのプログラムです。
ノートを1冊用意し、朝起きてすぐ3ページ書くというもの。

モーニング・ページを始めて2週間。書くことには、チカラがある。

2015.04.13

モーニングページのおかげで、自分自身を見つめ直すことができ、心のモヤモヤの解消にとても役立ちました。

しかし昨年10月、猫のチビを飼い始めてから、朝すぐにモーニングページを書くことができず、そのままになってしまいました。

モーニングページを再開。昼間に、パソコンで書いてます

モーニングページをやめて1年近く経ちましたが、ついに先日、再開しました!

以前から、モーニングページをまた始めたいと思っていましたが、なかなか、取り掛かれませんでした。
朝起きてすぐは、猫のチビに構っていたりして、なかなか取り掛かれません。
また、ノートで書こうとしても、めんどくさいような気持ちになっていました。

しかし、先日お友達と会った時に、モーニングページの話題が出て、やっぱり私も書きたい!と感じました。

そこで、今、自分にできる方法はなんだろう?と考え、

「昼間」「パソコン」に書くという形で再開させることができましたヽ(=´▽`=)ノ

朝書けないなら、他の時間でいい

モーニングページは、名前の通り「朝起きてすぐ書く」というのが基本です。

しかし今は、朝は猫のチビをなでなでしたり、早起きするためにさっさと動き出したりと、モーニングページを書くという行動につながりませんでした。

朝がダメなら、昼間でいいのでは?

と思い立ち、昼間に書こうとしてみたところ、すんなりと再開することができました(*^-^*)

もちろん、朝起きてすぐの方が、色々と湧き出てくるのかもしれません。
それでも、書かないより、書くほうがいい!に決まっています!

そう思って、今は昼間でも書くようにしています(*^-^*)

ノートじゃなくて、パソコンで書く

モーニングページは、ノートを用意して書くのが基本です。
私も、ときめくノートを用意して、書き続けていました。

モーニングページを昼間に書こうと決めた時、ノートを持ってスタバに行ったのですが、ペンを忘れてしまいました(ノ∀`)アチャー

「せっかくノートを持ってきて、モーニングページを書こうと思ったのに…」と残念に思った時、以前、自分の気持ちを整理するために、パソコンでWordに書き綴ったことを思い出しました。

「書く」ことで気持ちを整理する

2016.07.01

パソコンで書いても、気持ちを吐き出し、客観的に見れたり、気持ちを整理したり、色々と思い浮かぶことがあったりと、様々な効果を感じました。
それを思い出し、

パソコンで書いてもいいのでは?

と、試しにモーニングページとして「Word」で書いてみたところ、スラスラと手が動き、紙のノートに書いていた時と同じような効果を感じました。
そのため、これからもパソコンで書いて続けていこうと思ったのです(*^-^*)

最後に

まだ、モーニングページを再開して数日です。
毎日書くこともできていません。

それでも、モーニングページを書くと、気持ちを整理でき、頭もスッキリして安定します!

やはり、「書くこと」は、大きなチカラがあるのだと、改めて感じました!

今は、ブログを書く前に、モーニングページを書いています。
Wordの画面で2ページ。約2,000文字ぐらい。
私はパソコンのキーボードの方が早く書けるので、ノートで書くよりも合っているのかもしれません(*^-^*)

ブログを書く時も、モーニングページを書いた後の方が、頭が整理されていて、集中して書けるように感じました。

モーニングページのやり方に「基本」はありますが、続けることが大切なので、自分のやりやすい方法でやるのが、いいと思います。
私の場合は、昼間に、パソコンで書くという方法になりました。

これからもモーニングページを続けて、自分の中を整理したり、色々な思い浮かぶことを言葉にしていけたらいいなと思います(*´∀`*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。