自分の思考の「クセ」に気づいて治す

先日、自分の心の奥底のトラウマを乗り越えてから、心に興味がわいてきました。
 →記事:心の傷をいやして、ダラダラした自分を卒業する
 →記事:動けるってラク!&ありのままの自分を受け入れる

自分の心や思考について気にかけたり、これまでに読んだ本やブログなどの知識から、私にはヘンな思考のクセがあったことに気づきましたので、ご紹介します!

私は勝手に後ろ向きになっていた!

以前から書いていますが、私は人付き合いが苦手です。
自分が勝手に「変わっている」と思って、「普通の人」から引け目を感じていました。
他人から「変に思われるんじゃないか」と気にして、自分を素直に出すことができませんでした。(今も、素直になれているかは、わかりません)

最近、気にしなくてもいいということが、やっとわかってきました!
そんな私の思考のクセなのですが、

ネガティブな妄想をして、怯えている!のです。

最近、ブログで何度か心についての記事を書いています。
私としては、そんなことも気づいていなかったのかと思われてもいい、ありのままの自分を出そうと、覚悟して書いています。
覚悟するということは、身構えるということ。

コメントやTwitterで返信をもらった時、
「なんか悪いことが書いてあるのではないか」と、ネガティブな妄想をしているということに、気づきました。

実際にコメントや返信を見ると、優しい言葉ばかりでほっとします。
頭で「ネガティブなことは書いていない」とわかっているのですが、それでも、ネガティブな妄想をしてしまうのです。

他にも、先日母に手紙と本を送りました。
一昨日の夕方、母から電話があったのですが、外出先で話をすることができませんでした。
そこから勝手に、手紙の内容が母の気に障ってしまったのではないかと、ネガティブな妄想が始まっていたのです。

実際、昨日母から電話がありましたが、いつものたわいもない内容でした。
手紙と本は、まだ届いてもいませんでした(^-^;)

このように、自分の本音を出した時に、ネガティブな反応を妄想して、憂鬱な気分になっていたのです!

ちなみに、このネガティブに考えるクセは、人間関係以外では起こりません。
仕事をしていた頃も、ほかの人が心配していたことに対し、「何かが起こってから対処を考えればいい」と、かなり楽観的に考えていたのです。

思考の悪いクセを治す

自分はネガティブな妄想をしていることに気づきましたが、実際にネガティブなことが起こったかと聞かれると、ほとんど起こりません。
ゼロではないですが、「ほぼゼロ」と言っていいくらいの確率です。
ほとんど起こらないことに対して、ネガティブな妄想をして怯えているのは、とてもばかばかしいことだと気づきました!

今は、ネガティブな妄想をしていることに気づいたら、「そんなことはない!」と、すぐに思考をやめるように気を付けています。
起こりもしない妄想に時間を費やすのは、時間ももったいないし、気持ちも後ろ向きになって、いいことなんて何もないですからね!

心配事は、起こってから考える!

これを意識して、悪い思考のクセを治していきたいと思います^^

最後に

これまで、自分が何を考えているのかなんて、全く意識していませんでした。
一歩引いて、自分の思考を客観的に見ると、こんなにもムダなことをしていたと思うと、自分でもビックリです!
自分で自分をネガティブにするなんて、本当にもったいないですよね(^-^;)

これからは変な妄想はせず、気楽に人と付き合えるようになることを目指して、意識を変えていきたいと思います(*^-^*)

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

<関連エントリ>

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








6 件のコメント

  • はじめまして。

    昨年の夏ごろにこちらへ辿り着き、それ以来愛読させていただいております。
    元々片付けや整理整頓、使いやすい収納や掃除など家がきれいに保たれること全般が苦手でした。
    それでもこんまりさんと出会い、断捨離も含めた整理整頓・掃除を少しずつ実践してます。

    れいさんの今回のブログを拝見して、素晴らしいなと思いました。
    ありきたりな言葉で申し訳ないのですが本当にそう感じて、自分にも同じような部分があると気づきました。
    自分の内側にある問題に気づき、苦悩や悩みはあってもそれを打破して
    前に進めるタフな力って自分の武器になるとも思いました。

    支離滅裂ですが、毎日とっても楽しみに読ませてもらっている者がいることと
    読むことで私もパワーを戴いていることへの感謝をお伝えしたくて
    コメントさせていただきました。

    梅雨があけたらもう夏です。
    お体大切になさってくださいね。

    • ちさひろままさん、初めまして、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      ちさひろままさんも、片づけ実践されてるんですね!
      部屋がスッキリすると、本当に気持ちがよくなりますよね!
      私は掃除がまだまだですので、お互いにがんばりましょう♪

      素晴らしいと言ってくださり、ありがとうございます!
      私は好きでブログを書いているだけなのですが、自分の気づいたことを記事にして、それが役に立ったと言ってもらえると、本当に嬉しいです(*^-^*)
      思考のヘンなクセなど、気づけばおかしいと思えるのですが、気づかない時は疑問にも思わないので、不思議ですよね(笑)
      先日本に、「気づいた時点ですでに変わっている」と書かれており、なるほどと思いました。
      気づくことで、自分を良い方向に進められるといいですよね!
      最近は、ダメな自分もそのまま受け入れられるようになってきたので、自分のヘンなところや、ダメなところの原因を考えたり、気づくことが、とても楽しいと感じています。
      そうやって、気軽に受け止められるようになったことも、良い方向に進める要因ではないかと思っています^^
      お互い、治したい部分などに気づけて、良い方向に向かえるといいですね♪

      ブログを読んでもらえているだけで十分嬉しいのですが、コメントももらえて、さらには役に立っているとまで言ってもらえて、とても励みになっています!
      ありがとうございます!
      お互いに、励みになっている関係って、素敵ですね(*^-^*)
      これからも、ブログを読んでもらえると嬉しいです!
      最近は気温差も大きいので、ちさひろままさんも、お体お大事にしてくださいませ^^

  • れいさんにお礼と言うかご報告したいな思っていたことがあります。コメントを書くのがあまり得意では無いのでブログは読むだけのことが多いのですが今回で3回目のコメです。
    まず、私は片付けられない・捨てられない夫と二人暮らしです。夫は結婚前からCDや本が入った開かずのダンボールを数箱持っており、いくら言っても片付かない(減らない)ダンボールは夫へのあらゆるイライラの象徴となっていました。
    そんな私がれいさんのブログを見つけ、こんまりさんの本を読みまずは自分のモノから片付けをはじめてみました。衣類のから始まり本の整理まで達したころで夫に「私の要らない本やCDをまとめて売りに出すけど手離していいモノある?」とダメ元で声を掛けました。すると一部 処分しても良いと言うのです!これって片付けの伝染ですよね?もちろんネットオフの宅配買取を利用しましたよ~。自宅に居ながらにして済むので無精者の夫でもハードルが低かったようです。れいさんのおかげです、ありがとうございました。

    それからもう1つ、れいさんが紹介された齋藤一人さんの「これまでしたことのない話」も読みました。CDも付いていましたよね?私にはこのお話が実に印象的でして、耳が痛いお話でした。これを機に私は段々と前向きに人生を楽しむことが出来るようになってきました。だから今回のれいさんの記事を読んで失礼ながらなんでれいさんはネガティブな妄想癖があるんだろうと思って、齋藤一人さんの本を紹介してた過去記事を読み返してみたんです。それで気づいたんですけど、私が読み取ったことと感想が違うんです。
    私がこの本から学んだことは『どんな時もでも「私ってついてるなぁ」と思う日々のトレーニング大切だ』ということです。確かCDのお話で例として自分の車が後ろからぶつけられた時の感情をこんな風に言ってた気がします。まず『なんだよ、車にキズついてんじゃねーのか(怒)首も痛てーし、ついてねーなぁ』となりますよね?問題はその後『だけど、命まで落とさなくってついてるなぁ』って考える。このような教えを一人さんは説いていらっしゃいました。要は考え方のクセもトレーニングで直していけるよ、ネガティブな感情の後に『でも俺ってついてるなぁ』と思うクセをつけましょう、ってことだと解釈しました。
    それと最近の記事でもお母様との関係で「これまで私は、母にものすごく影響されていたと思います。」と書かれていますよね?母親との関係についても一人さんの本には書かれていて、多くの人は自分の考えと思っている事って実は親の影響を大きく受けているもので自分の考えではない場合がほとんどと説いています。
    さしでがましいのですが、もう一度斎藤一人さんの本と付録のCDを聞いてみてはいかがでしょうか?新しい気付きがあるかもしれませんよ。
    少なくとも私はこの気付きで明るく前向きに考えるクセが付いてきました。斎藤一人さんとこの本を紹介してくれたれいさんに感謝してます。ありがとうございます(^。^)
    では長文を失礼しました。

    • ちゃとらさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます!

      旦那様にも片づけ伝染したんですね!
      おめでとうございます!!!
      私もモノが多かったですが、私の夫も、開けずにそのまま引っ越しをしたダンボールがたくさんありました(^-^;)
      夫の一人暮らしの部屋にクローゼットがありましたが、それらのダンボールがクローゼットに入り、使うものはすべて部屋の中。
      私が片づけ始めたころ、夫にも衣類や本のときめきチェックをしてもらい、今は夫もモノを少なくする意識に変わりましたが、当時はケンカしながらの片づけでした(^-^;)
      無理やりではなく、旦那様に気持ちよく捨てる方向へ導けて、ちゃとらさんはすごいですね!

      宅配買取は本当にラクですよね!
      ちゃとらさんのお役に立って良かったです!
      まだ宅配買取を利用していなかった頃は、売りたいモノの山が、ずっと部屋の隅にありました。
      なんとかお店に持って行きましたが、大量の本は重くて大変で…(^-^;)
      昔の私にも教えてあげたいです(笑)

      ちゃとらさんも斉藤一人さんの本、読まれたんですね!
      実は私、CD聞いてないんです(^-^;)
      面倒と思って聞かなかったことが、ちゃとらさんのコメントを見て、ちゃんと聞いておけば良かったと思いました(^-^;)

      ネガティブな妄想癖があるにはあるんですが、「人付き合い」に限ってなんですよね。
      実は、だいぶ前の話ですが、海外でひったくりにあったことがあります。
      盗られたのは携帯電話だけでしたが、とても怖い体験でした。
      でもその時に思ったのは、「盗られたのが携帯電話だけで、無事で本当にラッキーだった」ということです。
      そう、斉藤一人さんの本の通り、前向きに考えられるんですよね。
      盗られた携帯電話は戻ってきませんが、お財布やパスポートだったら手続きなども大変ですし、鞄をひったくられたりすると、倒されてケガをすることもあるでしょうし、最悪、無理やり盗るために、刺されたりする可能性もあったわけです。
      それが、何のケガもなく、携帯電話だけで済んだと思うと、本当に、本当にラッキーだったと今でも思います。
      他のことでも普通に「ラッキー」と思うような思考回路だったので、自分がネガティブな妄想をしていることに、全く気付けませんでした。

      また、母の影響についてですが、親の影響を大きく受けているというフレーズも、なんとなく頭に残っています。
      そのフレーズを読んだとき、普通に納得しました。
      私の好みや、こうしたいと思っていることの多くは、母がよく口にしていたことで、その通りだと思いました。
      今回影響を受けていたと書いたのは、その影響が、自分の中に変な形で残ってしまっていたことです。
      認められないと思っていたことで、自分はダメだと思っていたり、やってはいけないとブレーキをかけていたり。
      斉藤一人さんの本を読んで、意識が変わることがあっても、潜在意識の奥深くに残っていたヘンな思い込みは、きっと気付けなかったんではないかと思います。

      本を読んで、ちゃとらさんの感想と私の感想が違うとのことですが、人はそれぞれ違うので、感想も違うのだと思います。
      こんまりさんの片づけ本も、私はすごくいいと思いますが、合わないと言っていた方も、テレビを見てあのやり方はちょっと…とコメントされていたのも、見たことがあります。
      人はそれぞれ考え方や価値観が違うので、合う本、合う人、好きなモノ、嫌いなモノが違って当たリ前だと思います。
      同じ本を読んでも、感想も違えば、響いた部分も全然違っていいと思います^^
      きっと、その人にその時必要なことが、心に残るのだと思います。

      斉藤一人さんの本は、もう手放してしまいました。
      少し前に読み返したくなって、kindle版で読み直しましたが、今は特に読み直したい気にならないので、今は必要な時ではないのかもしれません。
      他に読みたい本がたくさんあるので、その本に、自分に必要なことが書いてあるのではないかと思っています。
      斉藤一人さんの本は、また気が向いた時に読み返してみますね^^

      ちゃとらさんが思ったことを、素直に教えてくれて、本当に嬉しいです!
      ありがとうございます!
      これからも、ブログを読んで、ちゃとらさんが思ったことを教えてもらえると嬉しいです!
      お互いに、色々なことに気付いて、人生をよりよい方向に向けられるといいですね^^

  • はじめまして。
    片付けについて調べてたらこちらにたどり着きよみました。

    小学生のときのエピソード納得です!!!!
    私も同じこと思ってました
    好きな人もグループ作るとき絶対自分はあぶれたくない、、
    それで必死になって余った他の人をみてる、、、

    人の反応にとても敏感でちょっとしたことで、いらっとしてり、嫌われてると思ったり常にマイナス思考です。
    あとで取り越し苦労てことがおおく疲れてしまいます。

    私もなんとかそのくせをやめようと本を読んだり、ブログをよんだりしてがんばっております。
    これからもブログ参考にさせてください。
    一緒にがんばります(*^3^)/~☆

    • ノゾコさん、初めまして、こんばんは!
      コメントありがとうございます!

      ノゾコさんも、同じようなこと思ってたんですね!
      人の反応を勝手にヘンな風に解釈したり、起こっていないことをネガティブな妄想をして、取り越し苦労なことありますよね(^-^;)
      気軽に人と仲良くなれる人は本当にスゴイ!自分には絶対ムリ!と思っていたんですが、きっと、自分がヘンな壁を作ってしまっていたんだと思います(^-^;)

      ノゾコさんは、色々と本やブログを読んでがんばっているんですね!
      何かいいアイデアや、気づいたことなどあったら、ぜひ教えてくださいませ!
      一緒にがんばりましょうね♪
      これからも、どうぞよろしくお願いします!

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。