時間を有効につかう!「シンプルに時間管理」

「毎日3食食べる」という習慣づけも今日で7日目。
昨晩から今日も順調に過ごせました(*^-^*)
掃除を始めるのに、今までのような「イヤだ」という気持ちが、全く起きません^^
今日は午前中に勉強も済ませられ、時間の余裕があるように感じて嬉しいです♪

少し危機はありましたが、無事に乗り越えて1週間!
自分の感覚では、毎日きちんとできるようになっているので、まだ1週間と思うと不思議な感じがします。
しかし、ここで油断して元に戻ってしまっては意味がありません。
気をしっかり引き締めて、「やることが当たり前」の感覚になるよう、しっかり習慣化していきたいと思います(*^-^*)

時間を有効に生活する

今日、生活改善に役立っている、時間管理アプリをご紹介します。
昨日、生活改善に役立った本をご紹介しました。
 →記事:生活改善に役立つ本「勉強がしたくてたまらなくなる本(ダメな大人用)」
昨日の記事にも書きましたが、新しい習慣を入れるためには、毎日の習慣の中から何かを捨てなければなりません。
その方法として、1日の行動を書き出し、見直す方法が紹介されていました。
15分単位で書くと書かれていましたが、この方法、1年前に1ヶ月やったものの、挫折しました(-_-;)
(私は几帳面すぎる傾向があるので、試しにやってみるのはオススメです^^)
そこでアプリで記録し始めたのですが、予想を遥かに超える良い効果があったのでご紹介します^^

時間を有効に使えるアプリ「シンプルに時間管理 タイマーで集中して行動記録&目標達成! 勉強時間の管理計画をして習慣化しよう!」

このアプリでは、行動を記録すること、タイマーでタスクに集中することができます。
ただ行動を記録するつもりで使い始めたのですが、

  使うだけで、時間を有効に使えるように、行動も意識も変わってきました!

アプリの使い方

使い方はカンタンです。
初期設定で、行動と1日の目標時間を登録します。
あとは、行動をタップし時間を設定すると、自動的にタイマーが作動し、行動が記録されていきます。
時間管理オススメアプリシンプルに時間管理

行動ごとに、1日の目標時間に対して、どのくらい行動したかが、マス目の色の割合でわかります。
例えば、ブログは2時間で設定しているうち、50分ほどやったということ。
読書は1時設定で1時間弱、スマホ・ネットは3時間設定で、すでに2時間近くやってしまっているということが、わかります。

このアプリの良い点は、行動の記録も修正も、カンタンなところ!
記録していても、忘れたり、突発的に行動したり、タイマーが終わってもやり続けていたり、あとから「しまった!」と思うことがよくあります(^-^;)
そんな時でも、修正や追加がカンタンなんです!
オススメ「シンプルに時間管理」アプリの修正画面
時間を指定することはもちろん、「現在時刻」や「次の(前の)記録に合わせる」と、カンタンに修正もできます。
限りなく使いやすさを追求しているので、ストレスなく使い続けることができます♪

このアプリの本当にスゴイところ

このアプリを使って今日で6日目なのですが、このアプリのおかげで、思考が変わってきたことに気付きました。
それは、今からの時間を「何に使うか」考え、時間を有効に使えるようになってきたのです!

このアプリで行動を記録するには、必ずタイマーを設定しなければなりません。
1つの行動が終わるたびに「次は何にどのくらい時間を使おうか?」と考えなければならず、最初はうっとうしいと感じていました。
しかし、毎回時間と行動を考えることで、のんびりする時も時間を区切るだけでなく、時間を有効に使おうと考えるようになってきたのです!

今までは、「掃除した!」「ブログ書いた!」「読書した!」など、何かをやりきったあとは、「のんびりするぞ!」とソファにスマホを持ってゴロゴロ。
そのまま何時間も過ぎてしまいました…(-_-;)
しかしこのアプリを使っていると、のんびりする時もタイマーを設定しないといけないので、何時間も過ぎてしまうことを防げます。
もちろん、あと10分、あと10分、そのまま…ということもありますが(^-^;)

また、夜ご飯を食べて後片付けも終わったあと、これまでは何も考えず、ソファでゴロゴロしていました。
しかし今では、「今から何をやろう?」と考えるようになりました。
ソファでゴロゴロしようと思っても、「今日はけっこうスマホやってるし」と歯止めが掛かったり、「じゃあ、もう少し読書しよう」と考えたり、「いやいや、まだシャワーを浴びてないから、先に済ませてしまおう」と考えるようになりました。
時間の使い方を考えることで、自然と、時間を有効に使えるようになってきたと思います(*^-^*)

見える化で時間を意識する

他にも、時間を意識しやすい機能があります。
どれくらいの時間を使っているか、グラフで見ることができるのですが、行動別はもちろん、時間を「投資・消費・浪費」にわけて、振り返ることができます。
(アプリでは、「投資・拘束・無駄」という初期表現です。)

昨日の夜時点での私の時間の使い方です。
シンプルに時間管理アプリで時間の見える化
円グラフで割合を、折れ線グラフで時間の合計の推移を見ることができます。

投資・消費・浪費別の、詳細な行動も見ることができます。

【投資】
シンプルに時間管理アプリの「投資」行動

【消費】
シンプルに時間管理アプリの「消費」行動

【浪費】
シンプルに時間管理アプリの「浪費」行動

行動が見えるので、モチベーションが上がったり、行動を変えようという意識に繋がっています。
これのおかげで、スマホの時間を減らしたつもりでも、意外と時間を使っていることがわかりました(^-^;)

さりげないオススメポイント

アピールするほどでもないかもしれませんが、このアプリのオススメポイントは、アプリを開発者の方が使っているので、アップデートされ続けるというところです。
アプリによっては、OSが変わってもアップデートされず、使いづらくなってしまうこともあります。
しかしこのアプリは、今後もOSのアップデート対応はもちろん、使いやすく更新してれるのだそうです!
今後も進化していくと思うので、とても楽しみです(*^-^*)

ちなみに、このアプリは有料です。
私が買った時は300円だったのですが、今は200円!(2014/11/18時点)
買うなら、ちょっとおトクな今がオススメです♪

最後に

これまで何度も時間を意識しようとしてきましたが、なかなかうまくいきませんでした。
このアプリは、自然に時間の使い方を意識するようになれる、とても良いアプリだと思います(*^-^*)
これからもこのアプリを使い続けて、時間を有効に使おうという意識を、しっかり自分の中に浸透させるようがんばります☆
トラコミュ生活改善!きちんと暮らしたい
トラコミュモチベーション、自己啓発、意識革新
トラコミュ時間管理・時間術について
トラコミュ効率の良い手帳術・時間管理術

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓時間を有効に使えるように、意識を変えてがんばれ!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








2 件のコメント

  • れいさん、こんにちは。

    昨日まで3日間の旦那様の出張も終わり、その間自分のやりたいことに時間を費やすことができて
    すっごく満足できました。

    無駄な時間を過ごすことはもったいないと思いつつも、つい・・・やってしまうこと多いですね。
    ご紹介されてるアプリとても良さそう! 他の時間管理アプリも使ったことありますが、こちらの
    ほうが使いやすそうだし、無駄な時間も一目で分かるのがいいですね♪

    勉強ではないですが、ライフワークになってる楽器の練習にもっと時間を取りたいので、
    使ってみようかな。

    • 楓さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      充実した3日間を過ごすことができて、良かったですね(*^-^*)
      私も、10日間の夫の出張は寂しいものの、生活改善を定着させることができて、良かったと思っています!

      時間を記録してみると、驚くほど無駄な時間を過ごしていて、ビックリしますよね(^-^;)
      意識していても、普通に3時間、5時間と使ってしまっているので、以前は何時間使っていたのかと考えると、ちょっと怖いです(^-^;)
      楽器の練習、素敵ですね!
      私も、ゆくゆくは運動などに挑戦できたらいいと思っています。
      「何に時間を使いたいか」と考えるって、大事ですよね!
      意識するだけでも変わってくると思うので、お互いに、時間を有効に使えるようがんばりましょう♪

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。