収納にスペース(隙間)があって良かった!

1ヶ月前、紙の本を減らして、本棚として使っている収納に、スペースを作ることができました。

本を更に減らして、空間ができました!

2016.07.04

本棚の空いたスペースに入ってきたモノ♪

2016.07.07

本棚の空いたスペースには、無印良品のポリプロピレンメイクボックスを収納していましたが、それでもスペースに余裕がありました。

今回、収納にスペース(隙間)があって、本当に良かった!と実感しています。

本棚の現在

少し前の余裕があった本棚。
空いたスペースにモノが入ったシンガポールの収納本棚

今は、こうなってしまいました(´Д`)
シンガポール宅の廊下の収納の本棚。

ミッチリ!と詰まってます(^_^;)

本棚にモノが詰まってしまった理由

先日、キッチンの換気扇が壊れてしまいました。
換気扇のスイッチを入れると、キッチンのブレーカーが落ちてしまうのです(-_-;)

今は修理待ちで、換気扇を使わなければ、他の家電は使えるのでいいのですが、時々、間違えて換気扇のスイッチを入れてしまうことも…。
そのため、ブレーカーをすぐに触れる状態にしていなければいけません。

今のシンガポール宅のブレーカーは、収納のなかにあります。
これまで、ブレーカーがあるところも、収納としてこのように使っていました。
シンガポール宅のブレーカーがある収納に突っ張り棒で有効活用

左側のカバーの内側に、ブレーカーがあります。
その前に突っ張り棒を設置して、モノを吊るしたり、突っ張り棒に無印良品のポリプロピレンメイクボックスを乗せて、収納として使っていました。
(ちょっとごちゃごちゃしてますが、この写真しかなかったので…(^_^;))

突っ張り棒が目線の高さで、よく使うハサミや、猫トイレを掃除する時に使う使い捨ての手袋など、とても使いやすくて便利な収納として使っていました。
しかし、今はブレーカーをすぐに使える状態にしなければならないので、突っ張り棒を外しています。

そのため、ここに収納していたモノの一部を、本棚に移動したのです!

収納に余裕があって良かった!

一時的に本棚にモノを移動して感じたのは、収納に余裕があって良かったε-(´∀`*)ホッということです。

ブレーカーの収納にしまっていたモノは、使用頻度の高いモノです。
よく使うので、扉を1枚開けるという1アクションで出し入れできる収納は、とても便利でした。

今、本棚に収納していますが、本棚は少しだけ遠く、位置も低くて、少し使いにくいと感じます。
それでも、比較的使いやすい本棚に余裕があり、よく使うモノを収納できて、良かったと思いました!

もし、収納に余裕がなければ、一時的に出しっぱなしにしたり、ストアルームに移動したりと、邪魔になったり、手間がかかったかもしれません。
本棚の収納に余裕があったことで、そうならずに済み、改めて、「余裕のある収納」の大切さを実感しました(*^-^*)

最後に

片づけでも、収納に余裕を持たせるというのは、よく言われています。
私自身も、スペースがあると、そこに新たなモノ(こと)が入ってくると思っているので、なるべく余裕のある収納を目指しています。

今回、収納に余裕があったことで、突発的な事態に対応でき、改めて、「余裕の大切さ」を学びました。

これからも、モノを見直し、もっともっと余裕のある収納を目指していきたいと思います(*´∀`*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。