シンガポールで物件選び[3] 新築のメリットデメリット

シンガポールで物件選び。
 →エントリ:シンガポールで物件選び[1] 希望条件と決め手
 →エントリ:シンガポールで物件選び[2] 立地編。街?それとも郊外?
今日は、新築のメリットデメリットをご紹介します!

シンガポールで物件選び[3] 新築のメリットデメリット

我が家は新築物件に入居しました。
当たり前ですが、新築は誰も使っていないのでピカピカです!
日本では、新築というと「わーい!」としか思いませんが、海外では、新築だと「不具合」もあります。
我が家も、今は快適に過ごしていますが、最初は「不具合」がありました。
シンガポールに引っ越す前、ネットで探していたら「新築は不具合があるので、築2・3年の物件の方が人気」というコメントも見ました。
そこで今日は、私が感じた新築のメリットとデメリットをご紹介します!

新築のデメリット

デメリット1.不具合がある

我が家も、入居してすぐ不具合がありました。
それは、洗濯機の排水漏れ洗面台の排水漏れです。
どちらも直っていますが、直るまでの過程が面倒でした(^-^;)

【修理の流れ】
1.夫から代理人さんへ連絡→事前連絡なく、突然男の人が来る
私が家に一人でいると、突然ピンポーンと男の人が1人来ました。
修理の人かもと思いましたが、何の連絡もなかったので、知らない人をホイホイと家にあげるわけにもいかず…。
しかも、その人は中国語しかしゃべれず!(私も日本語しかしゃべれませんが(^-^;))
結局夫に電話し、夫の会社の中国語が喋れる人に通訳してもらい、修理の人だとわかって一安心。
不具合箇所を見せると、その人は「チェックしただけ」で終了。
修理はしてくれないの?と思いましたが、英語も中国語も話せないので、そのまま終了。
翌日にまた来るとのことでした。

2.男の人が2人で来る→すぐに直せない
翌日、前日の中国語しか話せない人と、もう1人来ました。
まずは洗濯機をチェックして…これは直せないとのこと…。
そして、洗面台の修理をして、翌日朝9時にまた来てもらうことになりました。
(本当は朝9時以降ならOKと言いたかったんですが、「ナイン…」と言ったあとなんて言えば?と思っている間に朝9時決定(笑))
 ↓
修理してもらった洗面台は、夜に確認すると、また水漏れしてました(>_<)

3.修理の人が来ない→午後に人がたくさん来て修理→さらに人が来てビックリ
朝9時に来ると言った人は、待てども待てども来ませんでした(^-^;)
外国なので仕方がないかなーと思っていましたが、午前中ずっと待っていても来ず。
夫に連絡したところ、午後にぞろぞろっと4人ほど来て、洗濯機の水漏れの修理をしてくれました。
その際に、洗面台の水漏れを伝えると、「また明日来る」とのこと。

洗濯機の水漏れが直り、ほっとしてのんびりしていたら、夕方突然ピンポーンと…。
全く知らない男の人が来て、洗面台を見せてくれと…。
明日と言ってたのに、突然来るのをやめて欲しいと心の底から思いましたが、伝えるすべを持っておらず(>_<)
その人は、洗面台を一通りチェックして帰っていきました。

4.修理終了!→ちょっと水漏れ?
翌日も4人ほど来て、洗面台の修理。
1~2時間程かかりましたが、無事に直って良かったです!

と思ったら、夜にほんの少しだけまた水漏れ…。
直ってないじゃん(-_-;)と思い、夫経由で伝えてもらいました。
しかし、水漏れはそれ以降発生せず。
逆に修理の人に直ったって言わなくちゃ!と焦っていましたが、結局1日待っても2日待っても人は来ず。
良かったと言えば良かったのですが、ちょっとモヤモヤしました(^-^;)

不具合の修理に計4日。モヤモヤも含めると1週間かかりました。
いつ来るかわからないので外出もできないし、言葉がわからないので気疲れした1週間でした。

もちろん、新築物件でも不具合はない可能性はありますし、新築ではなくても不具合がある可能性があります。
ただ、新築の方が可能性は高いので、不具合も覚悟した上で選んだ方がいいと思います^^

デメリット2.工事音がうるさい

新築のもう一つのデメリットは、「工事音がうるさい」ということです。
もちろん、工事中の物件に入居するわけではありません(^-^;)
ただ、他の部屋が「内装の工事」をしている可能性が高く、その時の工事音がうるさいのです。

我が家も、真上の部屋が工事をしており、その間はとてもうるさかったです。
と言っても、工事は昼間だけなので、うるさくて寝られないということはありません。
あくまで、昼間だけです。

工事音は、「コンコンコンコンコン」という金づちのような音だったり、「ドルルルルルルルル」というような工具を使っている音だったり。
一番イヤだったのは、穴でもあけているのか、脳天に響く「ドルルルルルルルル」という音でしょうか。
ビックリして、部屋の中で一人で「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」と叫んでしまうほどの音でした(-_-;)
工事は2週間ぐらいで終わったと思われますが、その間はちょっと辛かったですね。
もちろん、このようなことがない可能性もありますが、工事の業者さんぽい人をちょくちょく見かけたので、新築の場合は可能性はそこそこあると思います。

新築のメリットかもしれないけどデメリットかもしれないこと

メリット&デメリット1.家具の希望が言えるけど、どんな家具かはわからない

海外では、家具付き物件が多いです。
新築の場合、まだ家具が入っていないので、希望を言うことができます。
私も、「白い家具がいい!足つきで掃除しやすい家具がいい!」とアレコレ希望を言いました。
(ソファもベージュがいい!と言ったら、代理人さんに「汚れるからやめたほうがいい」と言われて、グレーになりました)
おかげで、ベッドもテレビ台もテーブルも白!
椅子は予想と違って、紫?のような色ですが(笑)

このように、新築の場合は家具の希望を言うことができます。
もちろん、新築ではない場合、元々ある家具に対して、変えて欲しいということもできます。
叶えられるかどうかはわかりません。
ただ、希望を言った場合、それがどんな家具かはわからないため、予想外の家具になる可能性もあります。
元々家具があれば、家具も含めてどんなモノかわかるので、希望を言えることもメリットですが、どんな家具になるかわからない点はデメリットだと思います。

新築のメリット

メリット1.キレイ

新築の良いところは、やはり、キレイなところ!
誰も使っていないので、ピカピカでときめきます♪
これはもう、本当にありがたいです!!!

メリット2.余計なモノがない

家具の希望を言える点と少しかぶるかもしれませんが、必要な家具だけ希望が言えるので、不必要な家具がありません。
もしかしたら、不要な家具について何か言えるのかもしれませんが、それは経験したことないのでわかりませんが…。

以前住んでいたコンドミニアムは、他の方から引き継いだ形で住んでいたので、色々とモノがありました。
1Rの部屋に、中国風の衝立があったのですが、絶対に必要ないでしょコレと思ったり。
あとは謎の中国風のツボとか置物とか、明らかに前の方の持ち物ではないモノもあり、捨てたいけど捨てられないジレンマがありました。
新築の今の部屋は、取扱説明書等の保管しておくべきものはありますが、それ以外はないのでとても嬉しいです(*^-^*)

最後に

私が感じる新築物件のメリットとデメリットはこんなところでしょうか。
デメリットは長々と書いていますが、入居1ヶ月以内のことですので、それ以降は快適に過ごしています(*^-^*)
最初は少し大変でしたが、今はこのコンドミニアムにして良かったと、心の底から思っています!
これからシンガポールでコンドミニアム探しをされる方の参考に少しでもなったら、嬉しいです!

最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








6 件のコメント

  • れいさん、こんにちは。
    知り合いの方が春からシンガポールへ行かれることになり、こちらのブログを見ていらっしゃれば良いのにな…と思います。その方とはもうお会いできないと思うので、お伝えすることができません。

    我が家の片づけそっちのけで、実家の片づけに取り組んでいましたが、ふと、父が暮らす家だから私の片づけ方ではいけないと思い、やり方を根本的に見直してみることにしました。
    でも、我が家でも、家の中が片づいてないことで主人とも言い合いになったりします。上手に同時進行させたいです。

    • hanaoさん、こんにちは!
      お知り合いの方、シンガポールに来られるんですね~♪
      読んでもらえたら嬉しかったですが、その方が素敵な物件に出会えるよう、お祈りしておきます!

      実家の片づけ、がんばってるんですね!
      お疲れ様です!
      確かに、実家でも自分の家のように片づけてしまいますよね(^-^;)
      私も、実家の片づけの時は、自分が思うように片づけてましたが、母には「使いにくかったら好きなように直して」と伝えていました。
      お父様にも、「使いにくいところがあったら直すから教えて」というぐらいでも大丈夫じゃないでしょうか?
      片付くことで生活が快適になり、じわじわと片づけの良さが伝わると思います!

      家の中が散らかっていると、ついイライラしちゃいますよね(>_<) 私も昔はよく、夫のモノが気になっていました。 以前、何かで「相手のモノが気になる時は、自分のモノが片付いていない」というようなことを読みました。 言われてみると確かに、自分のモノがごちゃごちゃしてたりするんですよね(^-^;) 私もちょいちょい夫のモノが!と目につきますが、意外と自分のモノも出しっぱなしだったりすることがあって、反省してます(^-^;) hanaoさんは、自分の家のことだけでなく、ご実家の片づけもされているのでとても大変だと思います。 ムリせず焦らずがんばってください! 応援してます(*^-^*)

      • れいさん、おはようございます。
        お返事ありがとうございます。

        確かに、相手の物が気になる時、自分の物も散らかっています!まずは自分の物を片づけないと、言い合いの原因にもなるし、説得力ないですよね…。私も反省です。

        父との関係は、実は長年余り良いとは言えず、片づけを通して改善したら嬉しいのですが、どうなることやら…。
        「使いにくいところがあれば直すから教えて」を父にも伝えようと思います。
        応援の御言葉を励みに頑張ります!

        • hanaoさん、おはようございます!
          相手のモノが気になると、つい言いたくなっちゃいますよね!
          私も気を付けていますが、それでもついつい言っちゃいます(^-^;)
          ただ以前より、一呼吸置くことで、言い方に気を付けるようにはなりました^^

          ちょっと内容がズレてるかもしれませんが、先日、「大さじ」が行方不明になりまして。
          夫が料理してくれたあとだったので、「絶対夫がなくしたに違いない!」と料理をしている時には、夫に「なくしたでしょ!!!」と言いたくてたまりませんでした。
          少しすると気持ちも落ち着いてきましたが、夫にはやはり一言いいたい気持ちはあり、柔らかく伝えました。
          「大さじが行方不明なんだけど、実は、夫が料理してくれた時に、間違えてゴミに入れてそのまま捨てちゃったんじゃないかと勝手に思ってるんだよね(笑)」
          と伝えたところ、夫の返事は「俺もそう思う」でした。
          以前は「なんで○○してくれないの!?」と問い詰める言い方をしてしまっていましたが、最近はだいぶ改善できてきたと思います。
          自分のモノをきちんとすると、意外と相手のモノも気にならなくなってきますが、それでもやはり一言言いたい時は、一呼吸置いて言い方を変えると、ケンカにならなくなるかもしれないですね^^

          お父様との関係、良くなるといいですね!
          お父様の気持ちの変化がhanaoさんと同じとは限らないので、もどかしく感じることもあるかもしれませんが、きっと、hanaoさんの気持ちは伝わると思います!
          ムリせず焦らずがんばってください(*^-^*)

          • れいさん、おはようございます。
            言い方ひとつで相手の反応も変わるし、お互いのやり取りも険悪にならずに済むというのが分かりました。

            昨日、用事のため実家に帰り、父と少し話したのですが、これまでとは違う言葉かけができたと思います。

            我が家でもベッドのマットレスは立てかけて風にさらす程度なので、プラスファブリーズしてみます。

            最近、1日の計画の書き出しができてないのでグダグダになりつつあります。締まりません。気を引き締め直して、頑張ります!

            • hanaoさん、おはようございます!
              さっそく声掛け実践されたんですね!
              お父様とお話もできたようで、本当に良かったですね(*^-^*)

              やっぱり風にさらしたほうがいいですよね!
              私もしっかり風にさらしてみます(^-^;)

              私も最近、生活リズムを1日2食に変えたせいか、グダグダしてます(-_-;)
              一緒に気を引き締めて、がんばりましょう(*^-^*)

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。