シンガポール生活丸2年。来て良かったと感じた6つのこと。

シンガポール生活、丸2年経ちましたヽ(=´▽`=)ノ

2年前の、2014年9月28日の夕方、シンガポールに着きました。
当時のことは、日本で引越し準備が大変だったことは覚えているのですが、シンガポールに来てからのことは、あまり覚えてません(^_^;)
水漏れや洗濯機の排水漏れなど、不具合が大変だったこと、上の階がリフォームをしていたようで、しばらくうるさかったことは覚えていますが、それ以外はどんな生活をしていたのやら…。

2年前のブログを見ていると、「毎日3食食べる!」という習慣づけをしていたので、たぶん、ダラダラしていたんだろうと思います(^_^;)
それを考えると、だいぶ成長できているのだと思います(*^-^*)

相変わらず、自転車以外では半径1km以内で生活しているし、お友達は少ししかいないという、全く駐妻らしからぬ生活をしていますが、

シンガポールに来て良かったと、心の底から思っています(*´∀`*)

シンガポールに来て良かったこと

好きな部屋がわかった!そして住んでいる

シンガポールに来て、改めて、窓が大きくて、白くて、明るい部屋が好きということが実感できました。

シンガポールは地震がないので、日本のマンションに比べたら、窓がとても大きいです。

シンガポールのコンドミニアムのリビングの大きな窓

シンガポールのコンドミニアムのリビングの大きな窓

丸2年住んで、やっぱり私は、大きな窓の明るい部屋が好きなんだと実感しました(*´∀`*)
そして、そんな家に住めていることが、とても幸せです♪

自分と向き合う時間がしっかり取れ、心のモヤモヤを乗り越えることができた

シンガポールに来て良かったことのひとつに、自分と向き合う時間が取れたことです。
日本にいたら、「もっとブログをがんばらなくちゃ」と、ブログを放置してでも、自分と向き合う時間を取っていたかどうか…

たくさん本を読み、自分の心と向き合い、時には号泣しつつ、自分の心や思考を、生きやすい方向へ変えていったこと。
時間をたっぷりとって向き合ったことで、モヤモヤを乗り越え、とても生きやすくなりました。

色々なことを気にせず、取り組める環境にいたことは、とてもありがたいと思っています。

「他人」「世間」を気にしすぎるのをやめられた

シンガポールに来て良かったと思うのは、他人の目を、気にしすぎていたことをやめられたことです。

私は、「人にどう思われるか」ばかり気にしていました。
それは、知り合いやお友達だけでなく、店員さんや掃除のおばちゃん、すれ違う人なども含まれていました。

英語が話せないので、よく行くスタバの店員さんにも、申し訳ないと心苦しく感じることが多々ありました。
しかし、シンガポールの人は、言葉が通じないのが慣れているので、ひとつもイヤな顔をせず、いつも笑顔で迎えてくれ、懇切丁寧に説明してくれたりします。

もちろん、無愛想な人もいますが、「迷惑かけないように」「失敗しないように」「嫌われないように」と、気にしなくていいのだと、気づくことができました。

最近は、知り合いがいないからいいやと、近所はすっぴんで出歩いています(^_^;)
それが良いかどうかは置いといて、気にしすぎるのをやめられたのは、このシンガポールの雰囲気のおかげだと、私は感じています(*^-^*)

MEC食(糖質制限)を実践するのに良い環境

MEC食を始めて1年7ヶ月経ちました。
もちろん、MEC食を始めたのはシンガポールに住んでからです。

シンガポールでMEC食(糖質制限)をするのに良いと感じるところは

  • 低糖質食品が売ってないので、頼ろうとしない
  • 美味しそうなスイーツが売ってないので、誘惑されない

という点です。

日本にいたころ、糖質制限を実践していましたが、その頃は「糖質を控えるだけ」という、間違った糖質制限をしていました。
大切なのは、タンパク質や脂質をしっかり摂ること。
しかし、当時は低糖質麺や低糖質チョコなどに替えただけで、栄養を全然摂取していませんでした。

シンガポールでは、そもそも低糖質食品を売っていません(たぶん)。
MEC食では、肉・卵・チーズを食べるという方法ですが、低糖質食品があれば、低糖質だし、ちょっと食べちゃおうかな、という気持ちになってしまっていたかもしれません。

また、シンガポールのスイーツは、日本のデパ地下に売っているような、キラキラしたときめく見た目のスイーツと違って、全くそそられません(笑)
レインボーカラーのケーキを見た時は、逆に食欲が抑制されるほど(^_^;)

「誘惑」を感じず、粛々とMEC食を続けられたのは、シンガポールという環境が、私にはあっていたんだと思います(*^-^*)

自転車を始められた

シンガポールのヤシの木とロードバイク
自転車を始めて7ヶ月弱、ロードバイクに乗って5ヶ月経ちました(*^-^*)
自転車を始められたのも、今の「環境」のおかげかな、と感じています。

我が家のコンドミニアムは、サイクリングコースがある、大きな公園の近くにあります。
日本に居た頃から、自転車ロードレースに興味はありましたが、日本に居たら、始めなかったんじゃないかなーと思います。

この立地を選んだのはたまたまですが、この「たまたま」が良かったと感じています(*´∀`*)

チビに会えた!

そして、一番良かったと感じることは、猫のチビに会えたことヽ(=´▽`=)ノ

可愛い可愛い我が家の黒猫チビ(*´∀`*)

可愛い可愛い我が家の黒猫チビ(*´∀`*)

チビは元野良猫で、今住んでいるコンドミニアムにいました。
シンガポールに来ていなければ、このコンドミニアムに住んでいなければ、チビには出会えませんでした。

そして、シンガポールという異国の地で、英語も話せない私が、それでも家族に迎えたいと思えたチビに出会えたこと。
偶然としても、本当にありがたいことです。

「シンガポールだから良かった」ということではありませんが、シンガポールに来て、本当に良かったです(*^-^*)

最後に

シンガポールに来て丸2年。
駐妻らしいこともしてなくて、英語も話せず、シンガポールについても全然わかっていない。

それでも、日々楽しく、日々快適に、日々成長しつつ過ごせていることが、私にはとても良い環境だと感じています!

まだしばらくシンガポール生活が続くと思いますが、これからも、自分がやりたいことをやりたいように、快適に過ごしていきたいと思います(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。