シンガポールの生食たまごとパスチャライズドエッグ(低温殺菌卵)

日本では当たり前に「生」で食べられる卵ですが、海外ではそれは当たり前ではありません。
私も最初の頃は知らなくて、ビックリしてしまいました(^-^;)

数ヶ月前から、近くの日本食材屋さんで、「生食たまご」が売られていました!

シンガポールの日本食材店で売られている「生食たまご」

シンガポールの日本食材店で売られている「生食たまご」

確か、4.9S$です。
ちょっと値段は高いですが、半熟などで食べたい時に、たまーにこちらの卵を買っていました。
とはいえ、日本ほど生で食べる勇気がないので、完全「生」では食べていないような、1回すき焼きしたっけな?という程度ですが(^-^;)

普段は、スーパーCold Storageで売っている、PASTEURISED EGGSを買っています。

シンガポールのコールドストレージに売っている「PASTEURISED EGGS」

シンガポールのコールドストレージに売っている「PASTEURISED EGGS」

「PASTEURISED」の意味は、「(低温)殺菌された」と出てきます。
常温の棚に置かれている卵が多い中、この卵はきちんと冷蔵の棚に置かれています。
殺菌されているので、これも生で食べても大丈夫かも?と思いつつ、生で食べたことはありません(^-^;)

この卵を知らなかった頃は、常温の棚の卵を食べていましたが、常温の卵も安すぎるのは食べる気になれず、高い卵を買っていました。
このPASTEURISED EGGSはその常温の高い卵と値段はほとんど変わりません。
さらに、冷蔵の棚に売られている他のオーガニック卵と比べても格段に安いので、この卵を食べるようになりました。
確か値段は、4.1S$ぐらいだった気がします。(違ってたらごめんなさい)

そして、最近気づいてしまいました。

「生食たまご」と「PASTEURISED EGGS」が、似すぎていることを!

生食たまごとPASTEURISED EGGSを並べてみます。

「生食たまご」と「PASTEURISED EGGS」

「生食たまご」と「PASTEURISED EGGS」

パッケージも同じ、貼られているシールの形も同じ。
賞味期限を示す印字の字体も同じに見えます。

中身の卵。

シンガポールの生食たまごとPASTEURISED EGGSの中身

シンガポールの生食たまごとPASTEURISED EGGSの中身

なんと、印字されている文字も同じでした!
生食たまごとPASTEURISED EGGSに印字されている文字

生食たまごとPASTEURISED EGGSに印字されている文字

丸がついたPの下にLCK。
全く同じですね!

パッケージの製造元をよく見たら、全く同じ住所でした!
でも、日本語のパッケージで「生食たまご」と書かれていると、不思議とこちらに安心感を覚えます(^-^;)
まあ、同じモノだとわかったので、これからも「PASTEURISED EGGS」を買いますが(笑)

そもそも、海外で生で食べられるだけでありがたいですし、オーガニックの卵などに比べて値段は安いので、ありがたいです!
これからも毎日卵3個を食べて、健康な身体を作っていきたいと思います(*^-^*)

にほんブログ村テーマ ☆MEC食を実践中☆
にほんブログ村テーマ 糖質制限食♪
にほんブログ村テーマ 糖質制限

↓MEC食を始める方は、まずは本を読んでみてくださいね♪
  

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ
にほんブログ村
今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。