私の家計簿に足りなかったモノ~特別費~

今日はウォーターサーバーの水の配達を待っていました。
午前中の予定だったのですが、結局来たのは15時過ぎ(-_-;)
家から出られないので、時間はきちんと守っていただきたいですね。

話が変わりますが、今日はでっかいアリが家の中を歩いていました。
我が家に住んでいるアリは2mm程なので脅威は感じませんが、今日いたアリは、2.5cm程。

ギャー((((;゚Д゚)))))))

と思って退治しようと準備している間に、どこかに消えてしまいました。
こういう虫事件が起こると、日本にとても帰りたくなります。
夫のためにシンガポールにいたいけど、虫はイヤ!ごめんね!帰るよ!!
(虫のせいではなく、滞在期限が切れるので帰るだけですが(^-^;))

さて、家計簿の話の続きです。
前の話が気になる方はこちらへ→挫折編 / 家計のピンチに気付いた話

家計がヤバいと切羽詰まり、本気で家計について理解しようと勉強を始めました。
どうやってたどりつき、どうやって選んだかはわかりませんが、マスカットさんのブログ「心地良い空間づくり♪~暮らしをシンプルに~」を古い記事から読み始めました。
(当時は「新・明るい家計簿のススメ」というブログタイトルでした)

読み進めていくうちに、わかったような、わかっていないような…。
なかなか頭の中にストンと落ちてきませんでした。

なかなか家計についてこうしたらいいんだ!と思うことができず、それでもなんとかしたいと思い、支出を日々細かく記すことだけ続けていました。

同時に、かんたん家計簿という市販の家計簿でもつけていましたが、そちらは続きませんでした。
2013年は家計簿をがんばろう!と決意した記事。

無印のルーズリーフにした理由は、スマホで家計簿をつけた時、自分なりの費目やメモなど、書きたい項目の管理をしづらかった為、好きに作れるようにルーズリーフにしました。
また、現在は日本円とシンガポールドルが混在しているので、それをカバーするという理由もありました。

ただただ記録をつけていても、家計を管理できているようには全く思えませんでした。
月日が経ち、更新されるブログの中で気になった単語「特別費」
ん?特別費ってなに?
正直、今まで存在を全く知りませんでした。

特別費とは、毎月発生しないけど、必要な費用。
例えば車検とか、冠婚葬祭の費用とか、家具家電の買い替えとか。
これらを月々の家計管理に入れてしまうと、支出が凸凹になってしまい、家計がよくわからなくなってしまいます。
心地良い空間づくり♪~暮らしをシンプルに~「家計の凸凹を無くす、特別費の管理。」

私の場合、まさにこれが原因でした。
以前の家計簿は、PCの起動が面倒、紙面での電卓計算が面倒、スマホでの入力が面倒、そういった理由が挫折した原因だと思っていました。
しかし、今振り返ると、特別費をわけていなかったため、毎月の家計に旅行費やその他の大きな出費が加算され、毎月のように赤字だ…と気持ちが萎えていたのが原因だと思います。

しかし、ブログを読みながらしっくり来ていなかったこと、それは「特別費って予算はどこから出すの?」と疑問に思っていました。
特別費の予算の準備は人それぞれだと思いますが、我が家はとりあえず、「ボーナスを特別費にあてよう」と考えました。
特別費 – About

特別費を分けて集計してみると、驚くほど家計がわかりやすくなりました。
こんな単純な作業ひとつで、こんなに変わるのかとびっくりするぐらいです。

今は家計管理を始めたばかりで、正直特別費にいくらかかるのかわかりません。
(以前の家計簿は、片づけでいらーん!と捨ててしまったのです(^-^;))
まずは、今年は特別費を把握するのが目標で、来年以降は予算を立てて管理できるようにするのが目標です。
できれば、特別費の予算も全額ボーナスではなく、生活費から積立てできるようになりたいです。
でも、一気にやってきつきつの家計になって、ムリー(`Д`)ノとなってしまわないように、ゆるゆる家計で始めています(=゚ω゚)ノ

ちなみに、我が家には「生活費」「特別費」の他に、もうひとつ大事な項目があります。
それは、「シンガポール費」です。

この「シンガポール費」を分けたことで、家計を管理できるようになったと言っても過言ではありません。

現在、夫がシンガポール出張で、私もたまにシンガポールに来ています。
夫はあくまでも「出張」なので、日本にも家があります。
その家賃や光熱費、私が日本で生活する費用がかかりますが、シンガポール宅にも光熱費や通信費、その他買い揃えたモノにも費用がかかります。

一方。海外出張をしている為、給与とは別に「出張手当」がつきます。
出張手当は夫が精算手続きをしないと入金されない為、いつ入るのか、いくらはいるのかよくわかりません。
シンガポール出張当初は、出張手当がなかなか入らないうえ、シンガポール生活で夫が使った費用が多く、ギャー((((;゚Д゚)))))))となり、家計をなんとかしなくては、と思えるきっかけとなりました。

今は、きちんとシンガポール費として管理ができている為、家計を管理できているとしっかり思えます。
シンガポール費は収入はいつ、いくら入るか不明な為、毎月余った分は翌月に繰り越しています。
シンガポール費の支出も凸凹が激しいため、夫の出張が終わった時点でプラスになっていればOK!と思うことで、心に余裕も生まれました。

どのような費用か考え、それにあった管理をすることで、きちんと管理できるようになるのだとわかりました。
収納でも分類したり、そのモノにあった保管方法が大事です。
家計も、きちんと分類して、それにあった管理が大事なんだな、と思いました^^

長くなってしまいましたが、明日も家計のお話にお付き合いくださいませ☆

↓特別費の管理は重要だね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。