Kindle Paper White「カバー」やめました

Kindle Paper Whiteを買って、2年半経ちます。

久々に新しく増えたモノ。Kindle Paperwhiteを買いました!

2014.03.16

始めの頃は、紙の本の方が読みやすいと思っていましたが、今はKindle Paper Whiteの方がいいと思っています。

利点としては

  • かさばらない(たくさんの本を持ち歩ける)
  • 長文もメモできる
  • Kindle版があれば、すぐ買える

というところでしょうか。

特に、「長文もメモできる」という点は、何行でも、何ページでもメモできるので、紙の本に付箋でマークしていた頃に比べると、格段に使いやすさを感じています(*^-^*)

Kindle Paper Whiteのカバーをやめてみました

さて、買った時から「カバー」をつけていましたが、最近、やめてみました!

私が使っていたカバーは、純正のモノで、開けると起動してくれて使いやすかったのですが、やめたらやめたで、なくてもいい!と感じてしまいました(笑)

カバーをやめたキッカケ

カバーをやめたキッカケは、カバーの一部が少しハゲてきたことです。

Kindle Paper Whiteのカバーの塗装がハゲてきた部分

Kindle Paper Whiteのカバーの塗装がハゲてきた部分

Kindle Paper Whiteのカバー。手に当たらない上の部分は変化なし

Kindle Paper Whiteのカバー。手に当たらない上の部分は変化なし

ちょうど、右手で持った時に当たる部分の塗装がハゲていることに気づきました。
上の部分は塗装が裏返ったような感じだったので、戻してみたら、粘着力が残っていて、触るとねっとりと感じるように…(-_-;)

この感触がイマイチだったので、それならカバーを外してしまおう!ということに。

カバーを外してみて思ったこと

Kindle Paper White 本体とカバー

Kindle Paper White 本体とカバー

カバーを外してみて思ったことは、

軽い!とにかく軽い!

です。

調べてみたら、純正カバーの重さだけで「132.5g」ありました。
けっこう重いですよね(^_^;)

カバーを外したKindle Paper White

カバーを外したKindle Paper White

外した状態で読んでみたら、心なしか、手首にかかる負担が減ったような感じがします。

カバーなしでも大丈夫?

カバーを外した状態で感じたのは、持ち運ぶ時の不安です。
これまで保護されていた画面がむき出しになるので、傷や割れなどが心配になりました。

最初は、このような軽めのカバーを買おうかと思っていました。

しかし、今のところ、なくても大丈夫です!

1週間程、カバーを外した状態で持ち歩いてみましたが、今のところ、全く問題ありません!

一応、鞄に入れる時に、画面に突起物(財布の装飾品など)があたらないようには気をつけています。

スマホほど頻繁に使うモノではないですし、サイズも小さくないので、鞄の中がごちゃごちゃでない限り、大丈夫だと私は感じました(*^-^*)

最後に

Kindle Paper Whiteのカバーを外してみて、少しですが軽くなり、見た目もスッキリしました!

「カバー」があると、確かに安心感があります。
しかし、元々なくても大丈夫なように作られているハズです。

これから、あまりモノに対して過保護になるのをやめて、手放せるカバーがあったら手放してみようと思います(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ







ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。