人生がときめく片づけの魔法は、片づけられる人生のスタート地点に立てる本

こんまりさんのドラマ、「人生がときめく片づけの魔法」は、いよいよ今日放送ですね!
シンガポールに居るので見られるのは少し先ですが、もうすぐと思うと楽しみです♪
ちなみに、番組HPで予告動画を見ようとしたら、「この動画はあなたの地域で視聴することができません」と言われました。残念(>_<)!

さて、見られないのに勝手にウキウキしているので、今日もこんまりさんの片づけについて、少し語ろうと思います。

人生がときめく片づけの魔法、この本に出会えたおかげで、私は片づけられるようになりました。
この本、こんまりさんの片づけ法に出会えたから、今の私があるんだと、本当に感謝しています。

片づけ本は世の中にたくさんありますが、こんまりさんの本の良いところは
本に書いてある通りに実践すれば、自然と片づけられるようになる
というところです。

私はこんまりさんの片づけ法に出会うまで、本当に、
モノを減らさないと片づかないということを知りませんでした。
人生がときめく片づけの魔法は、片づけ祭りを実施することで、自然と、この意識が身につくのだと思います。

そして、片づけ祭りを終えた時初めて、片づけ人生のスタートラインに立てるのだと思います。

人は生きていると、モノがどんどん増えてしまいます。
買ったり、もらったり。
どんなにモノを増やさないと思っていても、勝手にチラシは投函されるし、DMも届きます。
必要なモノだけを買っても、オマケがついてくることも。

先日、約2ヶ月ぶりに自宅に帰ったら、ポストの中はパンパンでした。
ポストに投函された2ヶ月分のチラシ
DMはなるべく届かないようにしているので、ほとんどがチラシです。

生きている限り、モノは増えてしまいます。
モノを捨てずにいたら、あっという間にゴミ屋敷になってしまいます。
たとえ捨てていても、捨てる基準が間違っていると、すぐに部屋も片付かなくなってしまいます。

そう、昔の私のように…。
片づけ祭り前の片付かない我が家
これは、こんまりさんの片づけ祭りを始める前のダイニングです。
この汚い状態が好きだったわけではありません。
片づけたい、そう思っていても、その時はこの状態にしかすることができなかったんです。

これまでも、何度も、何度も、片づけを実施してきました。
その度に、すぐにリバウンド。

何故か。
モノが増えても、減らさなかったからです。

モノが増えたら減らさなければ、今までの容量では収まりません。
収納にも容量があり、その上限を超えれば入らなくなるのは当たり前。
しかし以前の私は、それすらもわかりませんでした。

今は片づけられるようになり、常に片付いた状態をキープしています。
こんまり流片づけ祭り後からさらにモノが減ったダイニング
もちろん、やる気がない時に散らかってしまうこともありますが、以前のように、片づけられなくて困るということはありません。

片づけ祭りを実践することで、自然と、モノを持つ基準、手放す基準を学ぶことができました。
基準は人それぞれ違うので、誰かに教えてもらうことはできません。
私の好きなモノをあなたは好きかと聞いても、全く同じになることはないからです。

片づけ祭りを実践すると、「自分の基準」がわかるようになり、その後の人生においても、モノをきちんと判断できるようになるのです。

1年9か月前のあの日、金スマでこんまりさんを見れて、本当に、本当に良かったです!
今日のこんまりさんのドラマ「人生がときめく片づけの魔法」でも、片づけられないと悩む方が、こんまりさんの片づけ法に出会えたらいいなと思います。

片づけはもちろん、生活習慣も、意識ひとつで変えられます。
私自身、まだまだ改善点がたくさんあるので、今後も、意識を変えてがんばります!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。