受け取り方ひとつで、世界は変わる

イメージ:光に包まれた一本の木

本を読んでいると、人はそれぞれ「フィルター」を持っていて、そのフィルターを通して世界を見ていると書かれています。
同じ出来事でも、そのフィルターを通してどう受け取るか、それによって見え方、感じ方が変わってきます。
頭ではなんとなくわかっていたつもりですが、些細な出来事から、自分が持っていた「フィルター」に気付くことができました!

些細な感情を見逃さず、思考のクセを見直す

このフィルターに気付いたキッカケは、些細な感情を見逃さなかったことから始まります。

来週、日本に行く予定をしているのですが、一昨日の時点ではまだホテルを予約していませんでした。
一昨日の朝、モーニング・ページを書いている時に、夫から
  「もう、ホテル予約した?早くしないと取れなくなるよ」
と、聞かれました。

その時私は、少し「イラッ」としました。
些細な感情だったので、そのまま流してしまおうとしていましたが、モーニング・ページを書きながら、「アレ?今私、少しイラついていた」と気付くことができました。

なぜイラついたのか振り返ってみると、私は「できてないことを指摘された」ことにイライラしたのだと気づきました。
とりあえず、夫に「さっきはイライラしてごめんね。でも、できてないこと指摘されると、イラッとしちゃうよね」と言いました。
すると夫は

「え?イライラしないよ。できてないことは『しょうがない』って思うだけだよ」

夫の言葉に、衝撃を受けました。
「ええ!?指摘されてもイヤじゃないの!?」

この出来事から、私にはまだ「完璧主義」の考え方が残っていたのだと気づきました。
もっと早めにホテルを予約するべきなのに、できていない自分。
やるべきことができていない自分はダメだと思っているからこそ、そこを指摘されたことにイラついてしまったのです。
気にしていなければ、「これから予約するよ」という一言を返すだけですし、イラつくこともありません。

受け取り方は、自分の「フィルター」次第

そして、ふと気づきました。

そもそも夫が、私のためを思って言ってくれた「愛情」の言葉を、指摘という「マイナス」に変えてしまったのは、私だ!

そう、夫は私がホテルが取れなくて困らないよう、アドバイスしてくれているのです。
そこに存在するのは、100%の愛情。
にも関わらず、私が勝手にマイナスに変換し、勝手にイラついてしまったのです!

私と結婚してくれた夫の言葉は、いつも愛情にあふれていたのです。
それを私が勝手にマイナスに受け取ってしまっていただけなのです!

私はこれまで、ずっと、人に「指摘」をされることがイヤでした。
「わかっているから言わないで!」
そんな言葉で、拒絶してきました。

これまでの人生で、夫・親・兄弟・友人・知人。
これらの人々が言ってくれた言葉も、愛情にあふれていたのに、それをその時々で「マイナス」に感じてしまったのは、私が「マイナス」だと思って受け取ってしまっていただけなんです。

もちろん人間なので、時にはイヤミのひとつもあったと思いますが(笑)

受け取った後は、自分の自由

言葉を「愛情」として受け取る。
そして、その「言葉」をどうするかは、自分の自由です。
人は、コントロールされるのを嫌がります。
私もイヤです。
言葉を「コントロール」として受け取らず、「アドバイス」として受け取る。
そして、そのあとどうするかは、自分の自由。
アドバイス通りにしてもいいし、やらなくてもいい。
そう考えると、生きるのがラクに感じます。

世界は「愛情」であふれている

生きていくうえで、「イヤだな」とか「ツイてないな」と感じることもあると思います。
それを無理に「愛情」と受け取る必要はないと思います。
ただ、自分で勝手に「マイナス」と受け取らないよう、「愛情」が含まれているならそれを感じられるよう、見方を変えていきていきたいと思っています!

小さな出来事でしたが、このことで、私は「世界はもっと愛情であふれていたんだ」と気づきました。
私が持っていた「マイナスのフィルター」を通して見たことで、全く違う見え方になってしまっていたのです。

これから、「マイナス」のフィルターを「愛情」のフィルターに変えて、世界を、出来事をみていこうと思います。
そうしたら、世界がどう変わって見えるのか、とても楽しみです!

最後に、些細な感情から、思考のクセに気付き、自分のフィルターにまで気づくことができたモーニング・ページは、やっぱりスゴイと思いました!
これからも、モーニング・ページを続けて、自分を良い方向に変えていきたいと思います(*^-^*)

↓モーニング・ページが気になる方は、コチラの本をどうぞ☆

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

関連エントリ

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

2 件のコメント

  • はじめまして。ずいぶん前から拝見してますが、コメントするのは初めてです。

    旦那様からの愛情溢れる指摘をマイナスに捉えてイラッとするのは、フィルターをかけているから。

    なるほどと思いました。

    私は完璧主義でズボラなワーキングマザーです。

    家庭でも職場でも保育園でも学校でも、何らかの指摘を受ければ、「出来ていないことがあるじゃないか!」と批判されたように感じてしまい、内心かなりイラッとしてしまいます。

    できていないんだから仕方ない、と素直に受け入れるなんて選択肢は、思いつくこともなく…。

    フィルターをかけているからなんて、全く気づいていませんでした。

    フィルターの存在を気づかせてもらえて、未来が明るく開けたように感じるくらい、今、気分がすごく晴れやかです。

    新鮮な驚きと、重要な気づきを得たことへの喜びというか…。そんな感じなんです。

    うれしさのあまり、初めてのくせに長々とコメントさせていただきました、すみません。

    これからも更新を楽しみにしています。

    目から鱗な素敵な記事、ありがとうございましたm(_ _)m

    • ひかげさん、初めまして、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      今頃の返信で、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

      完璧主義でズボラ、前の私とそっくりですね(笑)
      私も指摘されることが本当に苦手で、失敗しないように、失敗しないようにしていました。
      「仕方ない」と思う人なんて、存在していないと思っていました。

      フィルターの存在にひとつ気づくだけで、本当に世界が変わりますよね!
      私も、全く同じ気持ちです!

      きっと、まだ他にもフィルターを持っていると思いますが、それに気づいて、新たな気づきを得るのを楽しみにしながら、過ごしていきたいと思います(*^-^*)

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。