「うらやましい」と思ったときに読む本、を読んでみました

先日から、自分の心に向き合って、心の奥底のモヤモヤを解消したり、良い方向に向かっています^^
 →記事:心の傷をいやして、ダラダラした自分を卒業する
 →記事:動けるってラク!&ありのままの自分を受け入れる
 →記事:自分の思考の「クセ」に気づいて治す

先日は、この本が気になったので読んでみましたが、とても良い本だったのでご紹介します!

「うらやましい」と思ったときに読む本

タイトルを見て想像した内容は、うらやましいと思ったら、こう考えよう!みたいなことが書いてあるのかと思っていましたが…

全然違いました(笑)

この本は、自分の根本の考え方を変えてくれる本でした。
「そのままの自分でいいんだよ」と、自分で自分を認めてあげられる本です。
そう、「うらやましい」という思いは、自分がそのままではダメだと思っているから、生まれてくるんですよね。

「うらやましい」という思いは、今はあまりなくなりましたが、「うらやましい」に満たされている頃がありました。
最初は、結婚したくてたまらない時、2度目は子供が欲しくてたまらない時。
当時はテレビCM、芸能人のおめでたい話、フェイスブックもイヤになってやめたほど(^-^;)
もちろん、今も「いいな」と思うことはありますが、昔の様に思うことはなくなりました。
本を買ってみたものの、あまりうらやましいと強く思わなくなったので、役に立たないのではないかと思いました。

本はすんなりと読めましたが、途中で、過去のことや、自分のヘンな思考のクセが思い浮かびました。
自分でも気づいていないモヤモヤを、解決するキッカケになり、良かったと思っています^^

さみしかった自分

私の直したい部分に、夫の帰りが遅い日が続くと、不機嫌になってしまうという点があります。
帰ってくるまではさみしいと思っているのですが、夫が帰ってくると、不機嫌になってしまいます。
夫は遅くまで働いて疲れて帰ってくるから、優しく笑顔で迎えたい。
そう思って気を付けてはいますが、それでも心の中からモヤモヤとした感情が浮かんでくるのです。

本を読んでいる途中、突然、小学生の頃のことを思い出しました。
小学生の頃、仲良し3人組で、いつも一緒にいました。
帰りも一緒に帰っていたのですが、道の半分は歩道が狭く、2人までしか並んで歩けません。
いつも、ほかの2人が前に並び、私はいつも後ろをついて歩いていました。
その細い歩道の間だけは、2人の会話には入れません。
道が太くなればそれは終わるのですが、私はずっとさみしいと思っていました。

実際に2人の気持ちはわかりませんが、今思うと、2人はとても気が合って、私はそこまでではなかったのだと思います。
中学生になったら、その2人とは疎遠になっていきましたから…。

20年も忘れていたことを突然思い出し、自分でもびっくりしました。
しかし、自分はさみしかったと認め、気がそこまで合わなかっただけ、一人でも大丈夫と「今」思うことで、不思議と、さみしさに対するイライラがなくなってきたような気がします。
もちろん、夫には早く帰って来て欲しいですが、遅く帰ってきても、心から笑顔で接することができるようになりました!
夫には本当に申し訳なかったと思うと同時に、これからは、もっと夫のためにがんばりたいと思っています(*^-^*)

失敗に耐えられない自分

もう1つ、私のヘンなこと。
それは、失敗が異常に苦手ということです。
ドラマだとわかっていても、明らかに失敗する場面は見られません。
これまでは、ドラマでも失敗を見るのがイヤなだけだと思っていましたが、最近、そこまで苦手に感じるのは、ちょっとおかしいと自分で気が付きました。
そんな気持ちで本を読んでいると、小さい頃の自分の失敗が、思い浮かんできました。

小学生の時、算数で順番に答えていく時がありました。
合っていたら「いいでーす」、間違っていたら「違いまーす」と、クラスのみんなが答えるやり方。
その時私は、10-7を、「10です!」と勢いよく答え、クラス中から「違いまーす!」と言われたことを、今でも覚えています。
恥ずかしくて恥ずかしくて、消えてしまいたかったことを覚えています。
自分でもなんでそんな間違いを!?とびっくりするぐらいの間違いですよね(^-^;)
それだけかと思っていたら、さらにもっと昔のことも思い出してきました。

幼稚園の頃、太鼓をたたくリズムの順番が思い出せず、先生に怒られて場所を変えられたこと。
同じく幼稚園の頃、木琴を速く連打できなくて、「できないなら変えるよ!」と怒られたこと。
理由はわかりませんが、クラス全員怒られていた記憶。
今思い返すと、幼稚園の先生は、本当に怖かったという印象しか残っていません。
若い女の先生だったんですけどね(^-^;)

もしかしたら、小さい頃の失敗した・できなくて怒られた経験から、失敗を異常に怖がるようになってしまったのかもしれません。
これまで、大きな挫折をすることなくここまでこれたと思っていましたが、大きな失敗をしないよう、自分で安全な道を探して生きてきたような気がしました。
期待をされるのがイヤだったのも、上昇思考がなかったのも、すべては失敗が怖かったのだと考えると、これまでの人生で自分がとってきた行動や考え方も、納得がいきます。

最近は、色々な本で「失敗は悪いことではない」というのを見たり、自分でも大丈夫だと意識するようにしています。
以前よりは、少し苦手意識がなくなってきたようで、ドラマで「失敗しそう!」と思っても、見ることができるようになってきました。
心は、まだちょっとソワソワしますが(^-^;)

本に直接このようなことが書いてあるわけではありません。
しかし、不思議と過去のことを思い出し、頭の中で冷静に受け止めることができ、この本を読んで、本当に良かったと思います!

ダメな自分でも、愛されている

この本を読んで、一番心に残ったのは、このフレーズです。

「ダメだけど愛されている自分」

言われてみれば、昔の自分は本当にひどかったと思いますが、母は面倒を見てくれたし、夫は優しくしてくれました。
結婚後の片づけられない頃、家はモノでぐちゃぐちゃ、掃除もせず、着替えもせず、1日中ダラダラし、うつうつとし、料理もせず、「今日も何もできなかった…」という私に、夫はとても優しくしてくれました。
夫が心の中でどう思っていたのかわかりませんが、そんな自分でも優しくしてくれ、愛してくれていた。
そのことに気付けた時、やっと、自分で自分を認められたような気がします。

最後に

最近、自分の心と向き合っていますが、たくさんのモヤモヤがあったことに、自分でもビックリしています(^-^;)
大きなモヤモヤを乗り越えるときは大変でしたが、今は新たな発見をするような楽しい気持ちで、自分の「ヘンなクセ」に気付けています!

生活自体は、まだまだ改善が必要ですが、心が軽く、とても「気楽」に過ごせるようになりました^^
きちんとできてなくても、今は心の改善をする時期だと思い、焦らず凹まず過ごせています。

自分で自分を認められたことで、また一歩、前に進めたような気がします。
そして、自分を改善したい気持ちもしっかりあるので、気楽に良い方向に向かっていけるよう、楽しく改善していきたいと思います(*^-^*)

トラコミュ心と体の癒し
トラコミュ引き寄せの法則
トラコミュモチベーション、自己啓発、意識革新
トラコミュ自己啓発関連、夢をかなえ成功するための本

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓自分で自分を認めるって大事だね!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








6 件のコメント

  • れいさん、こんにちは~!
    またとてもよさそうな本のご紹介、ありがとうございます(´∀`)
     
    ドラマで失敗する場面がニガテっていうの、すっごくわかります!!
    なぜかはわからないのですが、わたしも、明らかに登場人物が失敗しそうな場面だったり、
    なにか恥ずかしい気持ちになるような場面がすごくニガテで、チャンネル変えてました!
    すごくソワソワしていやなどきどきを感じてたんですよ。
     
    単にそういう場面がきらいっていうんだろうなくらいしか思ってなかったんですが、
    たしかに、なんでいやなんだろうな~って、今日の記事をみて思いました!

    本、読んでみますね♪

    • ゆみちんさん、こんばんは!

      ゆみちんさんも、失敗する場面苦手なんですね!
      こんな変なクセ、自分だけかと思っていました(^-^;)

      私も、単に苦手なだけなんだと昔は思っていたのですが、普通にこの場面でもみんな見てるんだよなーと思ったら、アレ?なんかおかしい?と最近になって気づきました(笑)
      本に、直接失敗について書いてあるわけではなく、私がふと気づいただけなので、ゆみちんさんのお役に立つかはわかりませんが、良いキッカケになったら嬉しいです(*^-^*)

  • れいさん、こんにちは。
    またしても、私にとってビックリするくらいタイムリーな内容でした!

    私も最近、昔の出来事を数々と思いだしてしまうということが多々ありました。
    なんで今になって?こんな些細なことが?私、どこかおかしいのかなって悩んだりしてたんですね。
    でもよく考えてみると、思い出された数々の出来事は、当時、本当は嫌だったけど、辛かったけど、我慢して、平気なふりをしてやり過ごしていた事・・・だったように思います。
    そして、最近こんな事を数々思い出すのは、自分自身と向き合うようになったからなのかなぁと。

    れいさんのブログを読ませてもらって、そう気づけたように思います。ありがとうございます!
    今はまだ、この気づきに戸惑っているところもあったりします。
    でも、まず気づけた事が第一歩!そしてこれからどうしていけばれいさんのように、心の改善に繋がるか!?
    ゆっくりでも、楽しみながらやっていきたいなぁ〜と思っています!
    異常に失敗が恐い・・・ものすごくわかります!!!
    失敗しないように、無難に済ませたり辞めてしまったりとかしちゃうんですよねぇ〜。
    そういうところも少しずつ、改善していきたいです!

    • あかねさん、こんばんは!
      またしても、タイムリーな記事だったとは!
      なんか人生で同じように乗り越える時期なのかもしれないですね(*^-^*)

      昔のことって、自分がつらかったことや我慢したことなどは、なんか心に引っ掛かったまま、残っていますよね。
      私は何で思い出したのかはわかりませんが、その思いを解消した方がいいと思いました。
      記事には詳細は書きませんでしたが、以前の昔の自分をいやしたように、「さみしかったね」「たまたま気が合わなかっただけだよ」「自分はダメな子じゃないよ」と癒すようにしてみました。
      効果があったかはわかりませんが、なんとなく心は軽くなった気がします^^

      あかねさんも、自分自身と向き合うことで、忘れていたけど心に引っ掛かっていたことなどが、今のあかねさんなら大丈夫だと思って、癒してほしいと浮かんできたのかもしれないですね。
      以前読んだ本に、気づいた時点で変わっていると書かれていました。
      なるほど!と思ったので、最近は、気づけただけで、嬉しく感じます(笑)

      あかねさんも失敗が苦手な人なんですね!
      ホント、自分でもビックリするぐらい、失敗しないようにしちゃいますよね(^-^;)
      お互い、少しずつでも良い方向に向かっていけるといいですね♪

  • れいさん、初めまして。
    旧ブログから拝見させていただいていました。
    ちょうど心屋さんの本(違う本ですが)を読んでいた自分にとってタイムリーな記事でしたので、思わず初コメです。

    私もすごく失敗を見るのが苦手です…!
    断られたり失敗したりすることを楽しむような番組(例えば「田舎に泊まろう!」やロンハーのブラックメールなど)は絶対見られませんし、隣で全然関係ない人が怒られているのを聞いているだけで、自分のやっていることが手につかないし、落ち着かなくなります。
    きっと、自分が小さい時に失敗した時の恥ずかしさや、怖さがフラッシュバックしているでしょうね。

    れいさんはきちんと自分と向き合えて素晴らしいなと思うのですが、私はまだまだ怖くて一人でなかなか向き合うことができません。
    見て見ぬフリをしている怖さを、乗り越えたり克服しようとするのではなく、認めてあげられるといいんだな~ってれいさんの記事見て思いました。

    私も自分と向き合うこと、頑張りたいです。

    • まるぽっちさん、初めまして、こんばんは!
      コメントありがとうございます!
      旧ブログの頃から読んでくださってたんですね!
      すごく嬉しいです(*^-^*)

      まるぽっちさんも、失敗したり断られたり、苦手なんですね!
      田舎に泊まろう、私もすごく苦手です(>_<) 断られたり、失敗したり、迷惑をかけるんじゃないかと思うと、耐えられなくて見れません(^-^;) 私は、気付けて良かったと思っていますが、まだ乗り越えられているかはわかりません。 でも、気づいた時点で、きっと良い方向に向かっていると思っています! まるぽっちさんも、気付いただけでも良い方向に向かっていると思いますよ! 心の問題は、なかなか難しいこともあるかもしれませんが、お互いに、ムリせずがんばりましょう(*^-^*)

  • ABOUTこの記事をかいた人

    1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。