野望ガラクタを捨てる〜英語の勉強やめました〜

以前読んだ『1週間で8割捨てる技術』という本で、野望ガラクタという表現を知りました。

そのモノを持ち続けていれば、理想の私に変われるかもしれないと思っていたのですね。「これを買うと、なりたい自分になれると思って買ったモノ」。それを私は「野望ガラクタ」と読んでいます。

「野望ガラクタ」はとても捨てにくいです。なりたい自分になるために購入したので、それを捨てることは自分の希望や夢を捨てる決意をするようなものだからです。

これを読み、自分の中で「野望ガラクタ」になっていると気づいたモノを、少しですが手放しました。

  • キレイ目のワンピース
  • マニキュア

「オシャレな自分」という野望を、これらのアイテムを手放すことで、捨てました。

そして今回、さらに大きな野望ガラクタを手放しました!

英語も「野望ガラクタ」だった

シンガポールで暮らして1年9ヶ月になります。
当たり前ですが日本語は通じないので、英語を話せるように勉強しなくては、と思っていました。
昨年、基礎の基礎から勉強し直したり、発音の練習もしました。
しかし、今は全く勉強していません。
英語は、買い物で困らない程度。
全く会話なんてできません。

それでも、英語の勉強はもういいや!

と、英語関連のモノを手放しました!!!

英語はできないより、出来たほういいのはわかっています。
できることが増え、交流する人も増えるでしょう。
しかし、それを「英語の勉強」という努力をしてまで手に入れたいかというと、私の答えは「NO」なのです。

今、シンガポールで生活をしていますが、スーパーで買い物はできるし、スタバでコーヒーも頼めます。
タクシーで目的地にもいけるし、家にも帰って来られます。
たまに英語で話しかけられて、あたふたすることもありますが、軽く意思の疎通ができることもあれば、結局わからなくて「?」で終わることも。
「ソーリー、アイキャントスピークイングリッシュ」とカタカナ英語で言って、終わらせることもあります。
シンガポールに永住するワケではない私には、それで十分。
いざとなったら、英語を話せる夫もいます。

だから、私は英語の勉強を、手放すことにしました。

本音をいうと、

英語を勉強するくらいなら、もっと他のことをやりたい!

です(笑)

でも、この気持ちが大切だと思います。

好きなこと、やりたいことをやる!

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあります。

まさにその通りで、私は学生時代から、英語が大キライでした。
そりゃ、上達しないよねって、自分でも思います(^_^;)

その分、ブログを書くことは好きです。
ブログを書くために、wordpressやネットのことを調べるのも好きです。
好きだから、うまくできなくても、できるように工夫しようとしています。
そう、好きだから、がんばれるのです。

英語は好きじゃないから、がんばれませんでした(^_^;)

もしかしたら、将来、英語が必要になるかもしれません。
自分で勉強するかもしれないし、英語が得意な人にお願いするのかもしれません。
その時が来たら、その時なんとかすればいい。
そう思って、「今」やりたいことをやろうと思います。

「英語」という大きな野望ガラクタを手放して、とてもスッキリしました!
本棚に20cm以上のスペースが空いただけでなく、心のどこかに引っかかっていた気持ちも、スッキリしています(*^-^*)

「英語」は残念ながら、野望ガラクタになってしまいましたが、自分が英語を勉強するほど好きではないとわかって良かったです!
これからも、自分の好きなモノ、好きなこと、やりたいことを大切に、どんどん進んでいきたいと思います!

↓応援にクリックしてもらえると嬉しいです(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
今日も、最後までゼロワン日記。を読んでくださり、ありがとうございました(*^-^*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。