朝の小さな行動が、動く「スイッチ」になる!〜やる気を出すためのスイッチ〜

最近、やる気がなくて、ダラダラしていました(-_-;)
少し前にも、やる気がなくて、昔の自分に戻ってしまったような時がありましたが、それは乗り越えられました。

やる気がない。気持ちを切り替える時の対処法。

2016.09.28

しかし今回は、また違う感じ。
たぶん、夫が忙しくて帰りが遅くて寂しいというのがキッカケだと思うのですが、モチベーションがあがらず、朝から着替えもせずにダラダラ過ごすことが増えてきてしまいました(-_-;)

そんなやる気のない時でも、「小さな行動」が、動くための「スイッチ」になる!と気づきました!

「小さな行動」が、動くための「スイッチ」になる!

私にとって、「スイッチ」になる小さな行動は、

朝、起きてすぐトイレに行く時に「トイレ用の新しいタオルを持って行く」

ということだと気づきました。

私は、朝起きてからの行動が、ほぼルーティンとして決まっています。
これまで、私の中で↓のように、行動が決まっていました。

トイレ➜洗顔➜洗面台の掃除➜着替え➜洗濯…

しかし、ここで重要だったのが、「トイレ用の新しいタオルを持って行く」ということだったのです!

朝、やる気がない時や寝坊した時など、「まーいっか」という気持ちになり、トイレにタオルを持って行かないときがあります。
トイレの後、そのままリビングのソファに行って、ダラダラ…。
見事にダラダラの一日が始まります。

一方、トイレに「新しいタオル」を持って行くと、タオルを交換して、古いタオルは寝室のバスルームの洗濯カゴに入れなければなりません。
そこまで来たら、多少めんどくさい気分でも「顔を洗って着替えよう」という気持ちになります。

顔を洗っていると、多少めんどくさい気分だった時でも、いつもの流れで「洗面台を掃除しよう」という気持ちになり、行動します。

ここまで来るとやる気が出てきて、「次は洗濯」と自然に行動できてくるのです!

やる気は「動き出したら」出てくる

私自身、「やる気がない」とブログにも書いていますが、やる気というのは、「動き出してから」出てくるモノです。

やりだしたら気分が乗ってきて、どんどんやっちゃった!みたいなことありますよね。

だからこそ、まずは「小さな行動」をスイッチにして動き出せば、やる気が出てきて動けるようになるのです!

スイッチは、なるべく小さく簡単に!

私はずっと、「朝身支度を整えること」がモチベーションを維持することだと思っていましたが、もっと小さくて簡単な行動、「トイレ用の新しいタオルを持ってトイレに行く」ということが、大切なキッカケだったと気づけました。

「身支度」だと、顔を洗って着替え、という行動がめんどうに感じる時もありますが、「タオルを持って行く」だと、めんどうに感じても、行動としては小さいモノなので、ほんの少しだけがんばればできる行動です。
しかし、この小さな行動でやる気が出てくれば、その後テキパキ動けるようになります!

今後も、この小さなスイッチを意識して、ダラダラしてしまう日を減らしていけたらと思います(*^-^*)

最後に

自分が動くための小さくて簡単な「スイッチ」に気づくことができ、やる気がなくても寝坊しても、動けるようになりました(*^-^*)
以前は、寝坊した日はなんにもできませんでしたが、洗濯もトイレ掃除も終わらせてから外出できました。
そして、動き出したことでブログを書くモチベーションもあがり、今、こうしてブログを書いています。

もちろん、まだまだ改善点はあります。
せっかく朝から動けても、夕方や夜にモチベーションが下がり、そのまま翌日もダラダラしてしまうことがあるので、そこは改善方法を探し中です。

それでも、朝のスイッチがあることで、今後は少し、ダラダラを改善できると思います!

まだまだ試行錯誤は続きますが、色々試してみて、自分にとって良い方法、良いスイッチを見つけていきたいと思います(*´∀`*)

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。