『やってのける』から学んだ「ダラダラ」の原因と対策

昨日は、「やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~」という本を読んでわかった、私のやる気のなさの原因と対策をご紹介しました。
 →エントリ:『やってのける』から学んだ「やる気のなさ」の原因と対策

月曜日から活動量計「UP24」の1日の目標も5,000歩に戻し、結果として月~水曜日の3日間は、7,500歩~10,000歩歩いています。
目標を3,000歩に下げていたころよりもやる気を感じられ、たくさん歩いてもきちんと生活ができ、改めて「難易度が高い目標」を立てることが大切なのだと、実感しています^^

この本には、他にもとてもためになることがたくさん書かれていました。
今日は、この本で学んだ「ダラダラ生活」になってしまっていた原因と対策をご紹介します。

「ダラダラ生活」の原因

昔の私に比べると、今の私はきちんと生活できるようになりました。
朝は5~6時の間に起き、ブログを書き、朝食を食べ、掃除をし、昼食もきちんと食べ、買い物、料理、後片付け、お風呂、歯磨き、夜11時までに寝る生活をしています。
しかし、時々これらがほとんどできなくなる時があります。
1、2週間に1回ぐらい。
着替えなかったり、掃除をしなかったり、ご飯を食べなかったり、料理をしなかったり、洗い物を放置したり、お風呂に入らなかったり…。
その時々によってできないレベルは違いますが、1日中ダラダラと、スマホでネットをしたり、マンガを読んだり、ゲームをしたり…。
そのたびに反省して2度とやらないようにしよう!と思うのですが、現状、改善していません(-_-;)
特に先週は、ちょうど目標を下げてモチベーションも下がってしまった時に、夫の出張も重なり、久しぶりに「超ダラダラ生活」をしてしまったところです。

「他の目標」が邪魔をしていた

本に書かれていたのは、目標を達成するには、様々な障害物が存在するということです。
その中で

  目標が他の目標と競合している

ということが、自分に当てはまると感じました。

「生活改善」という目標が一つであれば、他の目標と競合することはないのではないかと思われるのではないでしょうか。
実際、私も本を読んでいる時は、自分には関係ないことと思いました。
しかし、これはとても大事なことでした。

競合する二つの目標が生じると、脳はどちらか一つを「抑制」することで、一方の目標を守ろうとします。このとき、“負けた”ほうの目標は、完全に不活性化されます。

例えば、ダイエットをする時は「痩せたい」という目標を持ちます。
一方、美味しそうな食べものを見れば、「食べたい」という目標が生じます。
ダイエットを「食べるのを我慢する」という方法で取り組んでいた場合、食べ物を見た時、「食べる」と「食べるのを我慢する」という二つの矛盾した目標が生じ、どちらか一方を「抑制」して一方の目標が守られるのだそうです。

私の場合も、自分の中で目標が二つ矛盾していたのだと思います。
私がダラダラ生活をしている時、スマホでネットをしたり、マンガを読んだり、ゲームをしています。
そのため、「スマホでネットなどをすること」は、「きちんとした生活」と、相反するモノ
だと、私は認識していたのだと思います。
つまり、「スマホでネットやゲームをたくさんやりたい!」と思った時、「きちんとした生活」は障害物だとみなされ、無意識に抑制されていたのではないかと思っています。

「スマホ」と「きちんと生活」は、本当に矛盾しているのか?

この考えに気付いた時、私は疑問を持ちました。
スマホときちんとした生活は、本当に相反するモノなのか、と。

私は専業主婦なので、時間はたっぷりあります。
そのため、ゲームを3時間やったとしても、きちんとした生活ができないということはありません。
そう考えると、私が間違った認識をしているために、たまにダラダラ生活をしてしまうのではないかと考えました。

これに気付いてから、今は「きちんとした生活」と「スマホでネットなどをする」ということは、両立するものだと考えるようにしています。
今はゲームにはまっているため、ネットなどを含めて昨日は6時間スマホを触っていました。
それでも、朝から夜まできちんと生活できていますし、読書の時間もとることができています!

これまで、間違った認識でいたため、スマホやネットをしたい時に、「きちんとした生活」が「抑制」されていたのだと思います。
これが正しければ、以前のように、ダラダラ生活をしてしまうことがなくなるのではないかと思っています。
まずは「スマホでネットなど」を楽しみつつ、「きちんとした生活」を続けられるようがんばります(*^-^*)

最後に

「やってのける」という本は、本当に、とても役に立つ本でした。
自分は自制心がないからダメだと思っていましたが、この本には「意志力を使わずに自分を動かす方法」が書かれています。
大事なのは、習慣化することだと気づきました。

生活改善に長く取り組んできて、「きちんとした生活」がだいぶ習慣になってきました。
また、気づかないうちに自制心も鍛えられていると感じています。
本には、変えるべき考え方や、目標の立て方など、様々な役に立つことが書かれています。
これからどんどん実践し、もっと色々なことができるようになっていきたいと思います(*^-^*)

トラコミュ生活改善!きちんと暮らしたい
トラコミュ21日でよい習慣を身につける。
トラコミュモチベーション、自己啓発、意識革新
トラコミュ自己啓発関連、夢をかなえ成功するための本

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

↓ダラダラ生活を改善できるよう、がんばれ!と思ってくださった方も、そうでない方も、良かったらバナーをクリックお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へにほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
ブログランキング にほんブログ村 
↑ぽちっとお願いします↑

ブログランキングに登録しています。
下記のバナーを応援にポチッとしてもらえると、励みになります(*´∀`*)
(1日1クリックが有効です)
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ








ABOUTこの記事をかいた人

1980年生まれの専業主婦。夫の駐在でシンガポール在住中。 2012年、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」に出会い、片づけられるようになる。ダラダラした生活を改善するために、生活習慣改善中。 2015年、MEC食に出会う。2016年ロードバイクに出会う。